ケンブリッジ・アナリティカ問題をご記憶でしょうか。2016年のアメリカ大統領選挙において、トランプ陣営がデータ解析企業ケンブリッジ・アナリティカの協力を得て、Facebookのユーザー5000万人分の情報を不正利用していた問題。ユーザーのデータに基づいて、その人の投票行動に影響を与えるような個別の政治広告を配信していたとされます。

その告発を内部から行ったのが、クリストファー・ワイリー(当時28)でした。髪をカラフルに染めている、ゲイのカナダ人で、データオタク。ゲイは流行や時代の流れを敏感に読んで取り入れるアーリー・アダプター(新しもの好き)であることが多く、ワイリーもその点でケンブリッジ・アナリティカ創業者たちに好かれて仲間入りしたようです。

                                         (Christopher Wylie from Wikipedia)

そのワイリーが、Business of Fashion のVoicesで、ケンブリッジ・アナリティカがユーザーのファッションブランドの好みをどのように彼らの投票行動に利用したかというおそろしい話を語っております。こちら。

ナイキ、アルマーニ、ルイ・ヴィトンを好む人は、開放的、良心的、外交的、愛想がよく神経症的で、そういう性質を利用し、ケンブリッジ・アナリティカは政治的メッセージを送っていた。

一方、アメリカのヘリテージブランド、たとえばラングラー、LLビーンなどを好む人は、開放度が少なくて保守的で、トランプを支持しようというメッセージにより反応(賛同)する傾向があったという。

醜悪なものであっても、データに基づくインターネット上の心理操作によって、それを好もしいと思えるように導くことは、可能なのですね。たとえばクロックス。あのビニールのサンダルです。どう見ても美しくはないものですが、サイオプス、すなわちサイコロジカル・オペレーション(心理操作)によっていくらでも好もしいものに変えることができるのだ、と。(実際、そうなりました)

大衆に、トランプ大統領やブレグジットを選ばせたものが、まさにこの類の操作だったと彼は告発するのです。醜悪なものがどんどんトレンドになる仕組みと、醜悪な政治リーダーが選ばれる仕組みの背後には、このような背後の力による心理操作があったとは……。

ミウッチャ・プラダは「醜さを掘り下げることは、ブルジョア的な美より興味深い」と語っています( T magazine)。醜悪さってたしかに新鮮でもあるんですよね。醜悪なファッションを時折楽しむ分にはいいですが、醜悪な政治を選んでしまうと、取り返しのつかないことになる。情報操作は、まさに大量破壊兵器になるんですね。

ワイリーに戻ります。

ファッションブランドの好みというユーザーのデータが、ブランドも知らないうちにこのような情報操作&行動を促すことに利用されていたことが分かった今、逆に、ファッションブランド自身が方向転換することによって、人々の行動をよいように導き、文化を守ることもできる、と彼は示唆します。

 

いやしかし、そうなればなったで、さらなる新しい情報戦争が仕掛けられるのだろうな。好きなものを自発的に選んでいるつもりが、実は背後の大きな力によって選ばされている、そんな時代に生きる空恐ろしさを感じます。

 

「ファッションは服を売るビジネスではない。ファッションはアイデンティティを売るビジネスである。人間の根源的な問題<私は誰なのか? 社会のどこに所属したらいいのか?>に答えるツールを提供するビジネスである」。

だからファッションの問題はおろそかにするわけにもいかないのです。

 

 

 

 

三陽商会に取材に伺いました。


新築のブルークロスビル。外から見ると、建物が経糸と横糸で織りあげられたブルーの布のようにも見える設計。坂道の途中の建物ということもあり、かなり工夫が凝らされています。



1階の展示スペースには四季折々の旬の製品が展示。

「コートのSANYO」のキャッチフレーズにふさわしく、100年コートはじめ、バラエティ豊かに各種コートが揃います。

 


ニットが恋しい季節ですね…。こんなきれいな色のニットは気持ちも明るく上げてくれそう。

2階は広々としたスペースで、カフェあり、打ち合わせスペースあり、展示会場となるスペースあり、お一人様用作業スペースあり、と多様な使い方ができるデザイン。

観葉植物やファッション関係の洋書も随所に置かれています。

仕切りがなくても意外と周囲の目が気にならないのですよね。

展示会はすでに終了しておりましたが、展示会の名残りも楽しませていただきました。上は三陽山長の靴。

個性的で上質な素材を使ったエポカ・ウオモ。

ほか20以上のブランドをもっている三陽商会。撥水機能がある白い服地で作ったシャツやセーター、ジャケットなども自社工場で作っているとのこと、実際にコーヒーをこぼして実験してみましたが、きれいにはじいてシミ一つ残らないのです。これいいな! 来春はレースバージョンも出るらしく、今から楽しみ。

アパレル苦戦と言われておりますが、老舗の大会社の貫禄は随所に感じました。現在の試み、今後の計画なども伺いました。内容は別の機会に。


この日のランチはこんな場所で。高くそびえるためには土台もしっかりしていなくてはね。などというベタな言葉が出てしまうほどの迫力。

シュタイフとヴァレンチノが2000年にコラボレーションしたテディベア、世界でただ一体なのですが、現在、来日中です。ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町に滞在中ですよ。

プリンスギャラリーではいま、テディベアをモチーフにしたアフタヌーンティーを提供しています。テディベア好きのゲストで連日大盛況。インスタで評判が広まったらしく、女性お二人連れのお客様が圧倒的に多いですが、幅広い年齢層のカップルゲストも。12月25日までです。テディベアファンの方は、この機会にぜひ。詳細はこちら。

イギリス大使館にて、British Drinks Reception (イギリスワイン・スピリッツ試飲会)。
Hosted by WSTA (The Wine and Spirit Trade Association).

近年とみに評価を上げているイギリスのスパークリングワイン。温暖化のおかげ?で英国内でもよいぶどうが育つようになったことも貢献しているそうです。

English Sparkling Wineの参加メーカーは以下の通り。

Berry Bros & Rudd.  Chapel Down.  Gusbourne.  Nyetimber.  すべて素晴らしく美味しくて驚きました。数年前はまだイギリスのスパークリングは堅くて厚みが足りないかなという印象だったのですが、こんなにレベルが上がっていたとは。どれもふっくらとしてミネラルの華やかさが広がる美味しさでした。上の写真はNyetimberのブランドアンバサダーのマレー。

そしてさらなる驚きはジン。ふだんジンはカクテルに入っている場合以外、飲みません。ジンはイギリスでは文化史的にはあまりよいイメージはないんですよね。ホガースのジン横丁の絵とか、マイフェアレディの「ジンは叔母のミルクだった」というセリフとか。

ところが、今回試飲したジンはどれも華やかで高貴にも感じられる味わい。意外でした。驚き。上はEast India Company のジンのボトル。カルダモンの香りがするユニークなジンでした。

参加ブランドは以下の通り。

Cotswolds.  Emporia.  Jensen’s. Kokoro Gin.  London & Scottish International.  Slingsby.  Fever-Tree.  Franklin & Sons. The London Distillery Company. The East India Company.

上の写真はSlingsby のブランドアンバサダーのトニーとマイク。このブランドはボトルもスタイリッシュです。

そして最も印象に、というか余韻が残ったのが、Cotswoldsのジン。ラベンダーの香りがしばらく口の中に残っているのです。上はブランドアンバサダーのダン。

こちらは日本の山椒をスパイスにしたKokoro Gin.  こんな組み合わせもありなんですね。

新しい発見が多々あったドリンクレセプションでした。

1時間もいなかったと思うのに、大使館を出るともう暗くなってました。日が落ちるのが早くなりましたね。

英国大使館は場所といい、建物といい、庭園といい、とてもよい「気」が流れているんですよね。ここで少し過ごして外へ出ると必ずよいことが起こります。この日は大使館を出てタクシーに乗った途端に嬉しい仕事のオファーの連絡がありました。偶然かもしれませんが、偶然も数回重なると、やはり大使館のおかげなのかと思いたくなってきます。そんな場所が、東京には何カ所かあります。世にいうパワースポット、世界中に何カ所もあると思うのですが、人によってその場所は違うのでは。気の相性みたいなもの。自分の行動や周囲の変化に意識的に敏感になることで、自分にとってのその場所がどこなのか、ぼんやりとわかってきます。過信しないこともまた大切ですけどね!

 

先だっての投稿でちらっと紹介しておりましたが、プリンスホテル東京シティエリアの17種類のクリスマスケーキのなかで、ひときわ異彩を放つ個性的な白いケーキについてのお話です。

Espoir ~Rose de Noel~と名付けられたこのケーキは、パークタワー&東京プリンスホテルの女性ホテリエによるプロジェクト、Tokyo Honey Projectにより企画され、実現したものです。

見た目はシンプル、でもナイフを入れてみると……

このギャップに盛り上がります。

実はクリスマスケーキというのは、ホテルのパティシエたちにとっては腕の見せ所でもある一大企画でもあります。8月あたりからすでに各ホテルで入念に準備が重ねられており、私も真夏にプレビュー段階のものを拝見していました。

王道を行くフルーツたっぷりのケーキ、ゴージャスで精巧な宝石箱のようなケーキ、アートピースのような華やかなケーキがずらり並ぶなかで、このシンプルなエスポワールは、男性には「どこがいいのか、さっぱりわからない」と首をひねられるケーキでした。

私は「クリスマスケーキの常識破り」を敢行しようとした彼女たちの勇気そのものを後押ししたいと強く思いました。とはいえ、王道からはずれているように見えても、今年の時流はしっかり押さえるセンスもあります。シンプルな白い外見は、メーガン妃のウェディングケーキも連想させますね。いまどきの若い女性は必ずしもゴージャス&華やか路線が好きとは限らないのですよね。

女性ホテリエたちの渾身の企画、みなさんもぜひ応援してね。

 

 

各誌で「今年の男」のお祭りが花盛りですね。2018年を彩った男たち、僭越ながら私も選ばせていただきました。

中野香織が選ぶ Men of The Year 2018.  今年も多くの方が大活躍で、なかなか10名以下に選びきれなかったのですが、かろうじて3部門に各3名ずつ。基準はメンズスタイルへの影響力です。

実は紙幅の都合で、本文 は大幅に削らざるを得ませんでした。ブツブツと列挙してるだけみたいな味気ないテキストになってしまいましたので、以下、オリジナルの全文掲載します。

☆☆☆☆☆

「中野香織が選ぶ、今年を彩った男たち」

2018年も多彩な顔触れが活躍しました。多様な人々を包摂してよりよい社会を目指そうとするDiversity & Inclusionの運動を先導するモード界の代表格としては、ルイ・ヴィトン・メンズのアーティスティックディレクターとして就任したヴァージル・アブローがいます。ルイ・ヴィトン初の黒人ディレクターとしても話題を集めました。黒人ばかりが出演する初の黒人ヒーロー映画として大ヒットした「ブラック・パンサー」の主演俳優、チャドウィック・ボーズマンも今年を象徴する男性ですね。

モード界ではヴァージルもプレイヤーの一人として中心的な役割を果たしているストリート・ラグジュアリーが台頭しましたね。ヴィトン×Supremeの限定品には世界中で行列ができました。少し若い世代になると、ラグジュアリー・ストリートをさらに自分たち仕様に着崩した「スカンブロ(scumbro)」の流行が生まれました。スカム(scum)はクズ、ブロ(bro)はブラザーのこと。高価なストリートウエアをまるで中古ショップで拾い集めてきた服のようにあえて安っぽく着るのです。私の中のオヤジが発動して「好かん兄弟」と訳していることはご寛恕いただきたいとして、このトレンドを引っ張るのが、ジャスティン・ビーバーくん。オン/オフの区別はとくにせず、髪もくしゃくしゃでいつも悪びれず自然体、という満ち足りた自信が人気の秘密のようです。
ストリートの流行で、ナイキはビジネスを大躍進させました。ナイキがキャンペーンの顔として起用したのが、アメフト選手のコリン・キャパニック。彼は、最近のアメリカで起きている人種差別に反対して、国歌が歌われるときに片膝を立てて座ることで抗議を始めた選手です。キャパニックの強い信念に基づくこの行動は賛否両論を呼んでおり、彼がキャンペーンの顔となったことで一時、ナイキ製品を燃やしたりするバッシングが起き、売り上げも下がりました。しかし、ナイキは動じず、結果的にナイキの株価も上がった次第。信念を貫く男をサポートするナイキもまた、信念の企業である、とアピールすることに成功したわけですね。

さて、ストリート系の話が続きましたが、スーツ界に目を向けて見ましょう。強烈な印象を残すのが、グッチのスーツキャンペーンの顔に起用されたハリー・スタイルズです。彼はもとからピンクのスーツや花柄スーツを誰よりもクールに着こなす人でしたが、トラディショナルなスタイルのスーツも、いまどきの「タッキー」な気分を添えて着こなしてしまう。タッキーとは、一歩間違えると悪趣味でダサいのだけれどそこが素敵、というミレニアルズのファッション感覚です。

正統派の美しさで世界中の男女の魂をわしづかみにしたのは、アーミー・ハマー&ティモシー・シャラメの「カップル」。『君の名で僕を呼んで』の芸術的な衝撃の効果もありますが、映画の外でもこの二人は光っておりました。ハマーの非の打ちどころない美貌と繊細な演技力。唯一の欠点が、何を着ても美男過ぎること、でしょうか。そしてシャラメはキュートな子犬のような王子様感を味方に、ストリートスタイルからスーツスタイルまで、ひねりの効いた個性的な着こなしでセンスのよさを見せつけてくれました。

ビジネスパーソンでは、ケリング会長のフランソワ=アンリ・ピノー。9月にパリまでインタビューに行き、アートやサステナビリティをどのように経営に生かすべきかという話を聞いてきたのですが、17世紀の病院をリフォームして社屋として使うなど、口先だけではなく実行力も伴い、ケリングの売り上げは大幅に上昇しています。強い印象を残し過ぎないスーツの着こなしも、信頼されるビジネスマンの模範的スタイルでした。

一方、「らしくなかったで賞」を献上したいのが、テスラのイーロン・マスク。ツイッターでの暴言で自社株価を下げ、投資家に多大な迷惑をかけたりなど、問題行動が続き、迷走中。言葉が荒れるとともに、かつては凛としていた服装にも手抜きが見られます。

サセックス公爵となったヘンリー王子も、あいかわらずの無頓着ぶりでした。自身の結婚式にはユニフォームを着用しているのに髭もじゃ、披露宴のタキシードの着方もいい加減、というつっこみどころ満載の花婿姿を披露してくれました。いやこの「らしくない」スタイルこそ愛すべきヘンリーだからしょうがないし、幸せそうでなによりと世間が大甘で許しているのもご愛敬ですね。

そしてエディ・スリマン。Keringグループのサンローランから、LVMHグループのセリーヌへ。手がけるブランドはなんであれ、なにをやってもエディ印になってしまう。「セリーヌ」らしさをなくしてしまったと旧来のファンからは大バッシングを受けるも本人はいたってクールで淡々と稼いでいく、というのがニクいところですね。

☆☆☆☆☆

 

みなさんそれぞれの世界で光ったMen of the Yearはどなたでしょうか。

前項から続きます。Prince Hotels Tokyo City Area Christmas Presentations and Christmas Party.

各ホテルのクリスマスメニューも紹介されます。


各レストラン、全制覇したいくらい、それぞれに個性を出したメニュー構成。


シティエリアのパーティーには必ず置かれており、いつも感動する氷の彫刻ですが、この日はライブスカルプティングでした。アイス・スカルプター日本一に輝く彫師がものすごいスピードで彫っていきます。悩んでたら溶けますからね、それはもう早い早い。

完成したとたんに溶け始めるというのもちょっと切ない。その切なさがまた味わいを深めている、すばらしい芸術作品でした。


Hanah Spring によるライブも。このコンビは父娘の間柄なんですね。驚き。

幻想的なライトアップで貴賓館の美しさもいや増し。

ここでキヒンのないポーズをとる人も……。



曇も少ない美しい月夜に映える貴賓館。

カジノルームも用意されていました。賭け金ナシのプレイのみですが。武井統括支配人と記念写真。

締めの挨拶は、左の白いスーツを着た林佳代さんより。シティエリアマーケティング統括支配人です。各ホテルの広報担当者も林さんから紹介されました。優秀で気立てもよい女子ぞろいです。


シティエリアのコンセプトは、今後、このようになります。

なにか自分の子どもが羽ばたいていくみたいな感謝と感無量。

 

Prince Hotels Tokyo City Area Christmas Party and Christmas Presentations.

ホテルは12月になるとホリデーシーズンの繁忙期に入るため、メディア向けのクリスマス商品のプレゼンテーションを兼ねた、早目のクリスマスパーティー。高輪の貴賓館にて。

東京シティエリア統括総支配人の武井久昌さんによるご挨拶からスタート。


シティエリア各ホテルの支配人。左からザ・プリンスさくらタワー東京&グランドプリンス高輪&グランドプリンス新高輪の総支配人である山本誠さん、ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町の総支配人である大森伸翁さん、東京シティエリア統括総支配人の武井久昌さん、ザ・プリンスパークタワー東京&東京プリンス総支配人である石川学さん、そして品川プリンス総支配人の橋本哲充さんです。支配人たちはタキシードに赤いボウタイとチーフで華やか。


7ホテルの各レストランから自慢のお料理の数々。


各レストランからのシェフたちがその場で切り分け、盛り付けてくれるという贅沢なおもてなし。

いつも驚愕するのはチョコレートの彫刻。上のピアノは小さな部品にいたるまですべてがチョコレートで作られているのです。

7ホテルから渾身の17種類のクリスマスケーキもお披露目。写真上、手前の帽子型ケーキはロイヤルウェディングにちなんだデザイン。


上の写真、手前の2段の白いケーキは見た目がシンプルですが、切ると華やかな中身が現れます。プリンスホテル女子社員によるプロジェクトです。ミレニアルズな発想ですね。

チョコで作られた宝石箱をあけると宝石のようなケーキが出てくる。

一点、一点にシェフの思いと工夫とストーリーがぎっしり詰まったクリスマスケーキ、ぜひ各ホテルのホームページで詳細をご覧ください。

To Be Continued……

9日に行いましたYomiuri Executive Salon の写真が届きました。


ラグジュアリーストリートからスカンブロへの流れを解説しているところ。

来年のメットガラで炸裂しそうな「キャンプ」を解説。

テーマが「日本のラグジュアリーとその未来」でもあったので、日本ブランドを身に着けていきました。Tae Ashidaのドレス(日本語でワンピースと呼ばれるものは、英語ではドレスと呼ぶ)、ミキモトのブローチ、グランドセイコーの時計、そしてAtsugiのストッキング「輝」。

 

その後にお会いした出席者のみなさまから続々とおほめの言葉をいただき、とても嬉しく、がんばってよかったと思いました。しかしまだまだ。

「点」としてのファッション現象を、さらに大きな社会的背景のなかでのストーリーとしてわかりやすく語ることができるように、日々の研究も怠りなく努めたいと思います。

 

 

〇ドルチェ&ガッバ―ナの上海ショーの中止事件は不幸なことでしたね……。最初の動画(中国人の女の子が箸でピザやパスタを食べる)はたしかに彼らとしては(無知であったとしても)差別意識は皆無であったのでしょう。それだけだったら撤回して、他意のなかったことをお断りして謝ればあれほど大きなダメージは防ぐことができたのでは。決定的な問題は、ステファノが個人的に書いたメッセージでした。相手を怒らせ、画面キャプチャをさらされてしまったのが最悪でした。ハッキングされたと言い訳しているのがますます火に油を注いでしまった(それが嘘であることは、Diet Pradaが証明)。パーソナルメッセージだからと安心して暴言を書くとたちまちさらされ、拡散してしまう透明性の高い時代だということを常に意識しておかねば。録音もどこでされているかわからないから、とにかく油断はできない。他山の石。

ドメニコもステファノも、人間的な欠点は(私たちの多くと同じように)多少はあるのかもしれないですが、才能とサービス精神にあふれるデザイナーです。彼らが日本でおこなった2回のコレクションは、日本文化へのオマージュにあふれたすばらしいものでした。今回の件を挽回すべく、謙虚にコレクションを作り続けてほしいと願っています。

グランドプリンスホテル新高輪に、クラブフロアとクラブラウンジが併設されます。お披露目にうかがいました。

昼間も都心のオアシスですが、夜は夜で異なる魅力を放つ日本庭園。

新しく創られたクラブラウンジは、グランドプリンス新高輪1階に100席、個性豊かな5つのエリアから成っております。デザインはスタジオスピン。


小市さんらしさが光る、セクシーで洗練された空間。

やはり小市さんデザインによる、コンテンポラリージャパニーズをテーマにしたフロントロビーとの関連も高く、ホテルのグレードがさらに格上げされた感があります。

室内だけで印象の異なる3つのセクションがあります。時間帯によって使い方を変えることができますね。朝、ティータイム、午後のティータイム、カクテルタイム、ナイトキャップ、と1日5回くらいヘビーユーズするかもしれないクラブラウンジには「飽きる」という欠点がありますが、その点、5セクションあれば、問題なし。

特筆すべきは外なのです。このセクシーでロマンティクな椅子を見よ。

桜の季節など、絶好の場所ですね。飲み物や食べ物や後片付けや場所取りの心配なく、ゆったりと独占的に景色を楽しむことができます。肌寒くなれば中に入ればいい。長年の夢「桜の下でシャンパン」をついに叶えることができそうな理想的な場所を見つけ、やや興奮気味。桜の季節に私と一緒に花見したい人、どこかにいませんか? 笑


外のもう一つのセクションは、大理石のテーブルにお二人様掛けの椅子。このロマンティック度はなにごとでしょうか。ここはありていに言えば「恋が叶うラウンジ」。

このラウンジを使うためだけでも、新高輪に宿泊する価値がありそうです。

Club floor and club lounge have opened at the Grand Prince Hotel New Takanawa. Designed by Mr. Yasuhiro Koichi (the Studio Spin). Worth staying at this hotel just to spend a few sexy and romantic time at this lounge, especially outside.  (Cannot wait for the season of cherryblossoms!)

 

 

この後は貴賓館にてプリンスホテル東京シティエリアのクリスマスパーティー……と続くわけなのですが、この日のイベントヘアです。ちょっと驚きの仕上がりだったのでアップしてみました。注文は、「前に髪が落ちてこない、ヘアピンなしで全方向OKのイベントヘア」。



大きなカーラ―数個のみを使い、ヘアピンは一本も使わず、ものの10分で作られたヘア。アトリエはるか東京店、価格も手ごろでなんといっても手早いし、イベント前に瞬間リセットしたい時の救世主ですね。