今年は新しいご縁にも多々恵まれた一年でした。そのひとつ、English Journal が年明け早々に発売になります。ヴィヴィアン映画がきっかけで、執筆依頼を頂戴いたしました。

2019年1月5日発売です。amazonでは予約受付が始まっています。

特別企画「イギリスファッション史を彩るデザイナー」。そのなかで、「マリー・クヮントとヴィヴィアン・ウエストウッド」についてそれぞれコラムを書いています。

ポップでカラフルな全4ページ。写真もほかではあまり見られない個性的なものが選ばれています。ヴィヴィアンの映画中のセリフの一部も収録されています。付録のCDでこれを聴くこともできますよ。

発売前につき「予告編」のみですが、映画とイギリス文化と英語が好きな方はぜひ、年明けにお手にとってみてくださいね。

マリー・クヮントのことを知らない人(コスメやポーチのブランドだと思っている人)は、1月5日から公開される「マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!」を観てばっちり学んでくださいね。


ほかにもコリン・ファースとレイチェル・ワイズのインタビュー記事はじめ、世界を取り巻くリアルな英語事情の解説など、お楽しみからお役立ちまでよい記事が満載です。「女王陛下のお気に入り」の解説がさっそく載っていたのもうれしかったな。(「英国式庭園殺人事件」を連想したのは私だけではなかった!)

English Journalを読んでいたら、もう20年も前のことですが、東大の駒場で映画英語の授業をもっていたときのことを思い出しました。自分でオリジナル教科書まで作っていたなあ……(そんな体力もありました)。映画と言語と文化が交わる世界は、もしかしたら最も好きなテーマです。そのころはEngine 誌で「映画のなかの英語」という連載ももっていました。本HPのmagazine 欄で一部pdfを公開しています。お休みの間のDVD鑑賞のご参考にでもなれば幸いです。

2018年もご愛読ありがとうございました。公私にわたるあたたかなご交誼に心より感謝申し上げます。みなさまご健康第一に、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

ジュンアシダ広報誌「JA」No.111が発行されました。

ファッション時事エッセイ「Fair is fair, and foul is foul」を寄稿しています。

ビジュアル豊富な本誌は、ジュンアシダ、タエアシダ各店舗でもご覧いただけます。年末年始のお買い物のおついでにぜひお立ち寄りください。

世界各地の顧客、また日本の各国駐日大使の顧客の方々に向けた英語版もございます。

フランス語バージョンです。



Tae Ashida はコレクションも見せ方も、ミレニアルズを意識したフレッシュな印象に。核となる部分は保ちながら時代の空気を反映していかなくてはね! と教えられます。

本文にも書きましたが、あらゆるところでモラルや正義、公正さの規範が崩れ始めている現在だからこそ、Fair is fair, and foul is foul. という基準を心の中に保ち続けていたいと強く思います。

更新パスポートを受領するついでに、みなとみらいプチ散歩。この季節特有の澄み渡った空気のなか、耳がちぎれそうなくらい寒い。痛いくらい寒い。でもやはりたまに来ると、変わらず素敵で、わくわくします。

出航直前の飛鳥II 。間近で見るとなかなかの迫力。ちょっとしたビルディング以上ですね。いつか行きたい豪華客船の旅。
赤レンガ倉庫。鉄板のbillsに行きましたが、デート中の若いカップルだらけ。
何度見ても目が喜ぶ光景ですが、手前に見えるジェットコースターからきこえる「きゃーきゃー」という声もこの風景の味わいには欠かせないのです。

世間ではお仕事納めのところも多いようですね。そんな日に来年の仕事の依頼が次々に舞い込み、たいへんありがたいことと感謝するとともに、いつなんどき頼られても受け止められる駆け込み寺のような覚悟ももたねばならないのだと心しました。というわけで、まだまだ私の仕事は納まりませんが、熱中しながらいつのまにか年を越していくというのも、それはそれで楽しい。たぶん。

冬型気圧配置で日本海側は大雪ですね。どうぞみなさま、あたたかくしてお健やかにお過ごしくださいませ。




Netflix オリジナル映画の新作”Bird Box”.

声を出したら死ぬ、という系のスリラーの傑作はありましたが(Don’t Breathe, Quiet Place)、これは、見たら死ぬ、系。何かを見たら自殺衝動にかられ、見た人からどんどん派手に死んでいく。世界の終わりのなかでのサバイバルゲーム。子供二人連れで目隠しをして急流下りというアクションに挑むのはサンドラ・ブロック。息の長い女優ですね。

ネタバレがあると興ざめなのでこれでもできるだけ控えておりますが、まっさらな恐怖を楽しみたい方は、以下、読まないでくださいねー。

途中のスリラーは時間軸の構成も工夫されており、極限状況での人間模様がからんで、どんどん引き込まれる。いったいどうやって終わるのかと考えていたら、ああそうきたか、というかすかな希望の国がちらと提示される。

ちょっと終わり方があっけないといえばあっけないのですが、それゆえに、あとあとまで「今のはなんだったのか?」と考えさせられました。このストーリー全体がなにかの暗喩にもなっているのかな。

たとえば、見たら自殺衝動を引き起こすモンスターはSNSのことなのかな?とか。他人の投稿を見て自分がみじめになったり、自信を喪失したり人間不信に陥ったりとか。やはり「見る」ことで影響を受けてしまい、自分の確かさの一部が「殺されてしまう」と感じることは多少あるよね。感じるのはあくまでこちら側の問題なので、やはり「自殺」のアナロジーになる。

そういうモンスターが跋扈する世界では、やはり「見ない」意志をもって「見ない」環境のなかにいるほうが生き残りの確率は高まる。

そういう暗喩として鑑賞するまでもなく、ただ純粋に目の前のスリラーを楽しむというのももちろん、ありですが。


さて、2018年もあと数日のラストスパート。厳寒のシーズンですが、みなさま御身大切にお過ごしくださいね。


クリスマス当日の夜は、ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町のレヴィータにておこなわれた、Hanah Spring のライブナイトに伺いました。

モエはじめギャラリー自慢の各種ドリンクのフリーフローをクリスマスプレートとともに楽しみながらライブを間近で堪能できるという、素敵なミュージックイベント。

Hanah Spring とお父さんのデユオは二度目ですが、彼女の透明感のある歌声に癒されました。定番クリスマス曲と、オリジナル曲のバランスもよかった。

今年もたくさんお世話になったレヴィータ。天井の高さといい、東京タワーを含む夜景といい、居心地よく大好きな空間です。

大みそかにはNew Year Countdown -Japanese Traditional Style- MATSURI がおこなわれます。DJ Amiga +DJ ochazukeとレヴィータとのコラボ、どのようなカウントダウンになるのでしょうか。夜が弱い私は参戦しませんが、昨年のカウントダウンは外国人ゲストが多く、盛り上がったそうですよ。カウントダウンっていう習慣も最近まで日本にはなかった輸入ものですが、ハロウィン同様、定着しつつありますね。

マリア・カラスのドキュメンタリー。過去の映像や手紙などを編集して、カラス自身がカラスの人生を語っていくという秀逸な構成。手紙を読んでいるのは、ファニー・アルダン。

舞台でのパフォーマンスはまさしく天上に届かんというレベルで、聞いているだけで涙が流れてくるんですよね。20世紀最高のディーヴァと呼ばれるのも、納得。

当時のスキャンダルで沈黙を貫き通したときの心情や、どん底に突き落とされた時の心のうちなども、明かされる。カラスほどの才能の持ち主にしても世界中から誹謗中傷されていた時期があったのだ。体調を崩してキャンセルすると、非難される。期待が大きいからこそ、誰よりも人目を引くからこそ、期待に沿わないようなことを少しでもすると世間が許さない。新聞の一面に自分の悪口が書かれるなんてどんな思いで耐えてきたのか。

そしてなによりもオナシスの裏切り。9年間、愛情を注ぎ、永遠に一緒だと信頼していた男が、いきなりジャッキー・ケネディと結婚する。しかもそれを新聞で知る。この時の傷はいかばかりだっただろう。想像しただけで内蔵がよじれそう。そんなこんなのどん底に、カラスは何度も打ち勝ってきているのだ。

overcomeという言葉を使っていた。つらい試練に直面したら、人を恨まず、乗り越える(overcome)力を神に祈るのだ。そして忍耐と自制。つらいことは時間が解決すると考える自制、自分の真価は時間が証明してくれるという自信。強いな。率直で、情熱的で、潔く、愛情にあふれたカラスの生き方と歌声に、背筋が伸びるようだった。

カラスが着こなす50年代、60年代のファッションも眼福。とりわけ50年代のディオール! 舞台衣裳も女神級の美しさを引き立てていてすばらしいが、飛行機のタラップを降りてくるとき、街中を散歩するとき、車から降りて劇場にむかうとき、そんな瞬間瞬間のファッションがなんともエレガントなのです。ヘッドドレスにも注目。観客の目も耳も心も喜ばせるカラスの磁力ときたら。

当時のジェットセッター、セレブリティもちらちらと登場して、社交界の雰囲気を想像する楽しさもある。ウィンザー公夫妻とか、若いころのエリザベス女王ご一行さまとか。

まったく本題には関係ない話。えー?!(笑)って言われそうですが、私は時々、この方に似ていると言われます。おそらく、顔の各パーツが大きいという印象を与えるかもしれないところだけが共通点ですけどね。

日比谷ミッドタウンの夜。


23日は新高輪からそのままJ Waveへ。Diana Shows New Look に出演、ヴィヴィアン・ウエストウッドの映画について語ってきました。

話したいことが多すぎてなんだか詰め込み過ぎたし、話しておかねばと思うあまり早口になったりとちったりしたな、という反省。

ナビゲーターの玄理さんもとても映画好きな方。

こういう番組では「内容」そのものよりも聞いたときの心地よさが優先されるのよね。自分が求めるものがそうだったりする。出る立場になるとそれをすっかり忘れてしまう。そのジレンマの解決は、次の課題です。というかこの前も同じ反省をしていたような気がしないでもない……。

23日の生放送、25日の収録分と、二度にわたって機会をいただきましたこと、とてもありがたく、心より感謝します。

さて。

このプレスシートに掲載されている私のエッセイは、本HPのetc. 欄にpdfでアップしておりますよ。業界の方々より好評をいただいておりますので、よろしかったら読んでみてくださいね。

石井竜也ディナーショーのあとはそのままグランドプリンス新高輪泊。先日オープンしたばかりのクラブラウンジめあて(外の椅子でシャンパンを飲みたい)の宿泊でしたが、なんと夜は雨で出られず……。ちょっとがっくり。リベンジは桜の季節に。

雨のため外には出られませんでしたが、小市さんデザインの空間はやはりセクシー。ナイトキャップを楽しませていただきました。

翌朝は雨こそやみましたが青空が見えず残念。とはいえ仕事に出かける前に、大好きな日本庭園を散策したり、さくらタワーのスパでなごんだりとエネルギーはばっちり充電できました。

右の棟がザ・プリンスさくらタワー。3つのホテルは庭園でつながっており、新高輪のクラブフロア宿泊のゲストは、さくらタワーのスパも使えます。


また、たいへん光栄なことに、先日のクラブラウンジ紹介の本ブログ記事をご覧になってご来訪というお客さま方がいらっしゃったとのことをスタッフから伺いました。ありがとうございます。

ラウンジの外の椅子。ここで夜にシャンパン、は桜の季節までおあずけということで。

昨日、ジュン・アシダの山東社長からうかがった話のなかに、「一流の接客は、顧客に考えさせない。イエス、ノーで答えられる質問だけを投げかける」「顧客に<お願い>をさせない」というエピソードがあり、さすが一流ブランド、なるほどなあと感心したのですが、考えてみると、教師の仕事の真逆なんですよね。教師の仕事は、顧客(学生)に対し、考えさせる質問を投げかけてこそ成り立つ。

接客においても、哲学的な質問を投げかけたりするやり方も新しくて面白いかもと思ったりしたんだけど、それは特殊なバーかどこかでやってくれというところでしょうか。笑 

Merry Christmas.

あっさりとクリスマスのご挨拶を終え。

22日、石井竜也さんディナーショウに伺いました。。新高輪プリンスホテル「飛天」にて。

飛天の間はアプローチから華麗なのですが、この日もファンタジックな装飾
石井さんのコンサートに伺うのは2016年の4月以来!わくわくです。
正面、両袖の天使のオブジェも石井さん作。多才な方です。

会場はフォーマルドレスや着物の女性、およそ500人! 男性もいらっしゃいましたがカップルでという程度。9割ほどが女性だったのでは。ファンクラブのお約束なのか、赤いドレス、かつ、おそろいのサーチライト?を振っての応援が目立ちました。

サーモンと野菜のモザイク仕立て金箔飾り アブリューガ添え
鶏もも肉と茸、野菜のブイヨンスープ、パイ包み焼き パイはほんとうに熱々でした。この人数の宴会場でこれだけ熱々のお料理が出てくるのには感激
国産牛フィレ肉のパヴェ

石井さんのノリのいいトークに終始笑わせていただき、そしてすばらしいパフォーマンスにうっとり。衣裳も考え抜かれており、前半は赤ベースの変形燕尾服にサングラス、後半はマジシャンのような大胆な非対称型のブラックフォーマルで、サングラスをとってステッキをアクセサリーとして登場させていらっしゃいました。バックコーラス、バンドを含めたビジュアルも美しく、なんてサービス精神豊かな方なのかと終始、感動。

全14曲(だったと思う)、たっぷり。最後は三方向に丁寧な「礼」が尽くされ、去り際の美しさまで見せていただきました。

ラストに歌われた「浪漫飛行」ジャズロックバージョンの余韻が残り、よい夢を見られました…。おいしいお料理とお酒、そして一流パフォーマンスをライブで楽しめるディナーショウってやはりいいですね。

終了後、楽屋にて。ジュンアシダ社長の山東英樹さん、奥様でデザイナーの芦田多恵さん、私服に着替えた石井竜也さん。写真を撮ってくださっている秘書の熊井美恵さんも含め、楽しいメンバーで最高のディナーショウを堪能しました。ありがとうございました。

人も作品も基本、褒めることが好きなので絶賛記事ばかり書いていますが、たまには辛口の映画コメントも書いてみます。いかがなものかと思った映画はわざわざアップしなくてもよいかと思ったのですが、それなりに気付きも与えていただいたりキラッと素敵なところもあったので……。以下の映画に「感動」された方は、こんな見方をする変人もいるんだと思ってスルーしてね。


邦題は「アリー スター誕生」

A Star Is Born. 130分超は冗長で無駄なシーンも多いように感じました。ひたすらガガ様の歌唱力を讃える映画で、ストーリー展開と終わらせ方にはよい気分はしなかったな。ブラッドリー・クーパーがあまりにも哀れで救いがなさすぎる。スターダムを駆け上がる妻、堕ちていくばかりの夫、その2人の愛と葛藤を描きたかったのでしょうか? それにしては妻側が優等生すぎてリアリティもありません。最後は夫が救われる話にしてほしかった。ガガ様の歌を堪能するミュージックビデオとして割り切るなら後味をもう少しよいものにしてもよかったのでは。(厳し過ぎ?) 冒頭の「ラ・ヴィ・アン・ローズ」から初めて舞台にひっぱりあげられて歌うあたりまではゾクゾクするほどすばらしい。

豪華キャストのくるみ割り人形。

The Nutcracker and Four Realms. これも冗長で退屈に感じられました。お子様向けクリスマス映画としてももう少しスピード感とスリルとユーモアがあってもよいのでは。ヘレン・ミレン、キーラ・ナイトレイ、モーガン・フリーマン、と豪華キャストなのだけれどいまひとつ平板で何の意外性もないという印象。みどころは、ヒロインのクララ役のマッケンジー・フォイの美しさでしょうか。演技は「?」かもしれませんが、スクリーン映えする彼女はじめ、登場人物が着る衣裳の数々がすばらしいデザインで、こちらも眼福。

さて。映画ばかりでなく生活にも完璧にはいかないことがいろいろありますが、気持ちを切り替えて、満月の夜に「気」を上げてくれそうな景色を見ておきました。

クリスマスイルミネーション展開中のThe Prince Park Tower Tokyo
Tokyo Tower 60th Anniversary 還暦を祝い赤く染め上げられています。

還暦タワーの迫力を間近に浴びながら過ごすことのできるパワースポットとして、もちろん周辺をぐるぐる歩くだけでも楽しいのですが、ザ・プリンス・パークタワー東京33階のスカイラウンジ、ステラガーデンと、東京プリンスのカフェ&バー、タワービューテラスもお勧め。余裕があればパークのクラブフロアに宿泊してクラブラウンジから眺めるというのも最高です。存在感に圧倒されるとともに、60年の歳月に思いが及び、しみじみします……。

パークタワー33階のスカイラウンジ、ステラガーデン。文字通り、タワーが目の前にある席は一番人気。ここに座ったカップルには、ミッドナイトにタワーの電飾が消える瞬間に、なにかロマンティックなことが起きるそうですよ。写真はホテルHPより。

ではみなさま、嬉しいご予定がある方はそれなりに、ご予定のない方もそれなりに、すてきなクリスマスイブをお過ごしくださいませ♡