試写拝見しました。日本語のタイトルは「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」。原題はMary Queen of Scots.

この二人の女王をめぐる史実は、どんなドラマよりもドラマティック。それゆえ何度も何度も映画化、ドラマ化されてきた。今回の映画は、女性のトップを支える男性社会という視点もちらりとさしはさみながら、新しい解釈による濃密なストーリーテリングで編みあげられている。

ふたりの女王が面会するシーンの緊迫感たるや。それぞれの背景を負い、それぞれの決断をしてきた女王の孤独や悲しみが迫ってきて、涙なしには見られなかった。演じる2人の女優がまたすばらしいのです。とりわけエリザベスを演じたマーゴット・ロビー。なぜあの白塗りなのか?かつらなのか?理由も明かされるのだが、ヘアメイク、衣裳の力も手伝って、刻々と変わりゆく女王の一生を演じきってあっぱれ。

女王ふたりのライバルとしての争い、という視点は男社会のもの。おうおうにして、男性社会は策謀の網をはりめぐらし、女同士で争わせるように仕向け、自分たちがまんまとおいしいところを手にしていくことがある。比べるレベルではないが、私もかつて(大昔のことだが)そういう策謀にひっかかりそうになったことがあるので、このあたりのことは痛いほど迫ってくる。表面だけちやほやする男たちの策謀に乗せられてしまうと、とんでもない罠が待っているのだ。

Mary Stuart: Do not play into their hands. Our hatred is precisely what they hope for. (メアリー・スチュアート:男たちの策略の手に落ちてはいけません。私たち女王ふたりが憎み合うこと、それこそ彼らの思うツボなのです)

美しくて勇敢である、ということが必ずしも女性リーダーにとっては有利に働かず、かえって女性にとっての大きな罠になることがある、という戒めを見せてくれるのがメアリー・スチュアート。彼女の美しさがあだになり、敵を作り、血まみれの惨事を招いたばかりか、最後には国を追われる羽目になった。

Elizabeth: Your beauty, your bravery, now I see there’s no cause for envy. Your gifts will be your downfall!  (エリザベス:あなたの美しさ、あなたの勇敢さをかつて私はうらやんだ。でももううらやましくはない。あなたのその美質があなたを転落させたのですから)

最後には「男」としてふるまうことを決断し、そのように行動したエリザベス。それぞれに背負ってきた歴史があってこうせざるをえなかったので、誰が悪いとか誰が正しいということは言えない。

メアリーは処刑され、時間は流れる。メアリー・スチュアートが生んだただ一人の息子が、子供を生まなかったエリザベスの跡を継いで、イングランドとスコットランドがはじめて合併する。両国の平和を願っていた2人の女王の意志は、このような形で時間が解決した。

こういう史実を見るにつけ、やはり「神の意志」というのがどこかで働いているように思えてならない。何度たどっても感慨深い物語。

アン女王、ヴィクトリア女王、エリザベスにメアリー、と女王映画も続きますね。嬉しい悲鳴です。「ふたりの女王」では俳優の人種も多様。アジア系のジェマ・チャンもエリザベスの侍女役として出ていてまったく違和感なく、この史実の現代的な解釈を促していて、嬉しくなりました。

「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」 Mary Queen of Scots
監督:ジョージ・ルーク 出演:シアーシャ・ローナン、マーゴット・ロビー、ジャック・ロウデン、ジョー・アルウィン、ジェマ・チャン、マーティン・コムストン、ガイ・ピアース、イアン・ハート
配給:ビターズ・エンド 3月15日 TOHOシネマズ全国ロードショー

Elle Japon 3月号発売です。

ファッションドキュメンタリー映画の特集があります。

マックイーン映画について、ミニミニコメントをしています。(「あの人の視点」)

ファッションデザイナーについて、映画から学びたい人にはお勧めの特集。ぜひチェックしてみてくださいね。

今週も終わらせるべき締め切り満載のほか、新しいプロジェクトがいくつか始動します。機会をいただけることに感謝して、ひとつひとつ確実に丁寧に完遂することを心掛けつつ没頭したいと思います。

みなさまも風邪やインフルの予防を万全に、どうぞ充実した一週間をお過ごしくださいね。私の予防法はビタミンCの多めの摂取。あとは笑うことと、強くて美しい人の心のあり方をフォローすること。免疫力を高めるらしい。それぞれの工夫で厳寒の季節を乗り切りましょう。

グランドプリンスホテル高輪、新高輪、さくらタワーに囲まれた日本庭園。何度も訪れ、季節ごとの味わいを楽しんでおりますが、真冬のこの時期の夜景もまた幽玄な美しさです。

葉っぱが全て落ちて枯れ切った枝も、こんなふうにライトアップされると、緑の樹には出せない美しさがあらわれる。

カラフルな照明次第では、こんな幻想的な木にもなる。

そういえば昨年のいまごろは最終講義のあと大雪で帰宅難民となり、さくらタワーに泊まったりしていたのであった。

上はほぼ一年前の同じ場所(さくらタワー前)、大雪の日。積もった雪が満開の桜のようでした。

あれからほんとうに激動の日々が続き、取り巻く環境がずいぶん変わった。流されているのか流れに乗っているのか流れを作っているのか、自分でもまったく予期しないことばかり起きるのでよくわからない。ただ、訪れた機会はギフトとして、訪れなかった機会はそういう導きとして、感謝して受け止めたり手放したりする。そんなことをしていると一年はあっという間のようで、実はおそろしく長いなと実感する。1月も長かった。まだ1月が終わってなかったのかと思うくらい、長い。

さて、今日は天赦日にして一粒万倍日という縁起佳き日ですよ。何かを始めそこねて去年と変わらずぐずぐずしていた方、まずは今日、一歩だけ、始めてみるのもよさそうですよ。

プリンスホテル東京シティエリアでイタリアフェアが始まります。昨年、大好評を得たフェアがさらにバージョンアップします。イタリア大使館、イタリア政府観光局、在日イタリア商工会議所後援。2月1日から3月31日まで。

グランドプリンス高輪にてオープニングレセプションがおこなわれました。

フェア期間中には、イタリア各地からスターシェフも来日。

2月28日から3月2日までは、ナポリのイスキア島「ラルベルゴ・デラ・レジーナ・イザベラ」内、ミシュラン一つ星レストラン「Indaco」シェフ、パスクアーレ・パラマロ氏招聘のフェア。こちらはザ・プリンスパークタワー東京のブリーズヴェールにて行われます。

写真にうつるITALIA という文字は、氷の彫刻で作られています。ライトに応じて、緑になったり赤になったりするのがまた美しい。

そして3月15日から17日までは、エミリアロマーニャ州のミシュラン二つ星レストラン「Magnolia」のオーナーシェフ、アルベルト・ファッカーニ氏の招聘フェア。こちらは品川プリンス最上階のTable 9 Tokyoにて。

オペラ歌手のエミリアーノ・ブラーズィ氏。となりにあるオブジェも氷の彫刻。ローマにある「真実の口」を再現したものです。すばらしい出来栄え。いつも圧巻の氷の彫刻を作っているのは、プリンスホテルのアイスカービング・エキスパート、小阪芳史さんです。

そして3組めは3月27日から29日。ミラノのエクセルシオール・ホテル・ガリアより、エグゼクティブシェフであるヴィンチェンツオ・ラバーノ氏と、同ホテルメインダイニングのチーフシェフであるアントニオ・ラバーノ氏の招聘イベント。このおふたりは兄弟なのです。こちらはザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町にておこなわれます。

テープカットの儀式。左はプリンスホテル東京シティエリア統括総支配人の武井久昌さん。

そしてナポリから、「神の手を持つ男」と呼ばれる伝説のピザ職人、ガエターノ・ファッツィオ氏も来日! 3月下旬、東京プリンスホテルと品川プリンスホテルでその腕が披露される予定です。神の手によるピザってどんなピザなのか。わくわくしますね。

左からエグゼクティブ・シェフパティシェの内藤武志さん、総料理長の高橋慶太さん
こちらはフルーツ、デザートの一角。
プリンスホテル  エグゼクティブ・シェフソムリエの市村義章さん。イタリアフェアに登場する主なスパークリングは、ベラヴィスタ・フランチャコルタ アルマグランキュヴェ
グランドプリンスホテル高輪のソムリエ、安藤祐さん
インテリア、お花はイタリアのアズーロ(青)を基調に。

香水好きの方にもうれしいお知らせです。インターモード川辺さまのご協力により、イタリアンブランドのフレグランスとのコラボレーションも実現しました。

プリンスギャラリー東京紀尾井町ではエトロ、パークタワー東京ではフェラガモ、品川プリンスではヴェルサーチェ、それぞれのフレグランスサンプルがプレゼントされるほか、ステイプランもあり。各ホテルで最新情報をチェックしてね。

総支配人はじめスタッフもイタリアの青、アズーロのタイやチーフでおもてなし。ゲストにもアズーロに染められた花のコサージュ。春までの季節はプリンスホテル東京シティエリアでのイタリアの美食や香りを楽しみましょう。

この日覚えた雑学。イタリア北部出身の方は名前が「i」で終わるが、南部出身の方は「o」で終わる。なるほど。

愛知の服地産地、尾張一宮へ。いわゆる「尾州(びしゅう)織物」のメッカですね。織り上がった生地に洗いをかけるとき、この地に流れる軟水の川(木曽川など)の水が生地にやわらかな風合いを与えてくれるのだそうです。

1850年創立の老舗服地メーカー、中外国島(ちゅうがいくにしま)さんの工場とコンセプトショップを取材しました。

Weaving machineの数々。何種類かあるのですが、圧倒的な数であることもあり、この日は種類の識別まではできず。
こうして巻かれた糸から肉厚のしっかりした服地が織り上げられていきます。
「耳」を織り込むことのできる機械はレアだそうです。

工場見学のあとは、繊維の発展を見つめてきたレトロビル、Re-Tailへ。1933年に繊維組合事務所として建築されたビルです。2016年からファションデザインや繊維に関する企業や個人のテナントが入るRe-Tail として再スタートしました。Tail は尾州の尾。Retail (小売り)も意味する含蓄ある言葉。

こういう古い建築をリノベーションして、中に斬新なファッション企業が入るというパターン、ロンドンでよく見かけました。2階には、そこに寝泊まりしながら(!)ユニークなシャツを作っているシャツ職人さんのお店も。
尾州産の上質でユニークな服地を扱うショップも。手前のツイードには一目ぼれしました。どなたかこの服地で私にジャケット&ドレスのアンサンブルを作ってくださいませんか?(笑)

このビルの2階には、中外国島の服地を使うテイラー、Concept Taylorが入っています。しっかりと目の詰んだ上質な光沢を放つ服地で作られた正統派クラシックスタイル。信頼感を与える、品格のあるスーツをつくっています。

With Bちっくな構図で。左は中外国島Concept Taylorのショップマスター、佐藤文彦さん。右は中外国島営業部の宮本雄三さんです。ありがとうございました。

日本が誇る優秀な尾州織物、実は数々の海外ブランドにも使われているのです。それが宣伝されていないだけ。もっと脚光を浴びていい、すばらしい製品です。
これから時折、自分の勉強も兼ねて尾張一宮の記事もアップしていくかと思いますが、どうぞよろしくおつきあいください。

「女王陛下のお気に入り」(The Favourite) リーフレットにコメントしました。以前、試写直後に本ブログでも紹介しましたが、18世紀初頭の男女宮廷衣裳も見どころです。バロックからロココの過渡期のスタイルですが、現代の観客も魅了するようにアレンジが加えられていて、斬新な印象。狩猟服、乗馬用馬具などは、着たい、と思わせる。デザイナーはアカデミー賞3度受賞の大御所、サンディ・パウエルです。ヒストリカルなファッションが好きな方には超おすすめよ。あまりパブリシティには出てないのですが、メンズの宮廷スタイルもなかなか面白いのです。男性もかつらにメイク、フリルにハイヒールの時代ですから。

ストーリーは激辛ブラックユーモア。あとからじわじわくる感じ。

なんとケンジントン宮殿では、この映画のコスチューム展が開催中。こちら。

いいなあ、この展覧会。取材に行きたい。スポンサー(掲載先)大募集!!

アン女王スタイル着付けの様子は、Historic Royal Palaces がYou Tubeで公開しています。↓ とてもひとりでは着られない当時の宮廷衣裳の内部構造がわかります。

<追記>
この日、アカデミー賞ノミネートの発表がありました。この映画は最多10部門にノミネートされました。


・作品賞
・監督賞(ヨルゴス・ランティモス)
・主演女優賞(オリヴィア・コールマン)
・助演女優賞(レイチェル・ワイズ、エマ・ストーン)
・脚本賞(デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ)
・編集賞(ヨルゴス・モヴロブサリディス)
・衣裳デザイン賞(サンディ・パウエル)
・美術賞(フィオナ・クロムビー)
・撮影賞(ロビー・ライアン)

女優三人はトリプルノミネート。助演をこの2人が争わなきゃいけないところに不条理を感じます。どちらもそれぞれにキレ方がすばらしいので……。2月25日に発表されます。もうノミネートだけで十分偉業、おめでとうございます。

寒中お見舞い申し上げます。

課題山積の長いトンネルのなか、春夏シーズンでの大きな成果を目指してひとつひとつクリア、という一週間でしたが、仕事の合間の息抜きに、各国の(といっても英語圏ばかりですが)モードニュースから面白いと思ったネタはツイッターでシェアしております。フォロワーがほとんどいないことも幸いして、あまり深く考えず、瞬間の思い付きコメントのお気楽な瞬間シェアばかりですが、あとから他のニュースが出てきた時にネタになる場合が多いので、今週分をまとめておきます。

自分のための覚書のようなものですが、みなさんにも気になるニュースがあったら、元記事をチェックしてみてね。リンクはこちらでははってありませんが、適宜検索またはkaorimode1のツイッターアカウントからどうぞ。

トランプ大統領は、大学のスポーツ選手たちをホワイトハウスに招くにあたり、自腹でファーストフードのハンバーガーを大量に購入してもてなしたこともニュースになりましたね。銀のトレイに仰々しく盛られたビッグマック。なんだかトランプ政権を象徴するような図でした。

そうそう、古いメールのマリエコンドー(=英語では、片づけるという意味の動詞になっている)をしていたら、あらためて興味深い発見をしました。人を褒めちぎり、よいしょのかぎりの言葉を尽くしていた人たちが、こちらが助けを必要とする肝心の場面では何もしてくれなかったということに気づいた。褒め言葉を乱発する人には用心しよう。また、褒め言葉にいい気になっている場合ではない。策士はときに、人を油断させ、持ちあげ、はしごをはずすために褒め上げるのだね。おそろしい。あるいはたいして関心がないから褒めておけ、という場合もあるかもしれませんが(笑)。過大な褒め言葉に対しては、表では感謝を述べ、心の中では警戒し、冷静に、じっくりその人の行動を観察しよう。本当に気にかけてくれる人は、辛口の進言もするけれど、ここぞのときに行動して助けてくれる(はず)。

まずはニュースから。最近の男性の俳優に求められるのが、美しく整えられた筋肉であるというお話。言われてみれば、意味なく脱いで上半身裸になりますよね、最近の俳優は……。筋肉も「顔」になっていると思う。元記事こちら

さて、12日付の日本経済新聞、広告欄です。ウェッジウッドの広告ページでコメント協力しました。住宅事情を考えると、お雛様や五月人形を置くことが厳しいこともある。そんなときには、ウエッジウッドの節句プレートで祝うというのもありではないでしょうか、というご提案です。

 

季節を感じる工夫っていいですよね。子供の頃はおひなさまを一体、一体、出したりしまったりということをしていましたが、いまは時間も収納場所もままならない。こんな上質なプレートをさりげなく飾ることで節句を感じられれば、それもまたよいのではと思います。7段おひなさまはホテルなどで飾られているものを見に行くとか。実際、いまのホテルは伝統的な季節感を伝えていくという役割も果たしていますね。

まずは、ニュースから。プリンス・オブ・ウェールズならぬプリンス・オブ・ウールズの最新情報です。チャールズ皇太子はサンドリンガム宮殿の羊を3000頭から15000頭に増やす計画を発表しました。皇太子はオーガニック系実業を一貫して続け、成功させているビジネスマンでもある。イギリスの利益とも合致。80年代から方向にブレのないビジネスセンスがいい。

Prince of Woolsっていう、記者のおやじギャグが入ったネーミングもイギリスらしくていいですね。

詳細記事は、テレグラフ紙、こちら。

さて、日本経済新聞夕刊連載「モードは語る」。12日付は、「Camp キャンプ」について書いています。2019年のトレンドワードの一つになるはず。ファッション学の学徒のみなさまは、しっかりおさえておいてね!

Photo © Johnny Dufort ヴァージル・アブロー オフホワイト 2018プレフォールの作品。写真はメトロポリタン美術館にご提供いただきました。
Photo © Johnny Dufort  フランコ・モスキーノ 1989秋冬コレクションより。メトロポリタン美術館提供。

北日本新聞別冊「まんまる」連載、ファッション歳時記第88回です。

100回目のゴールが見えてきました。とはいえ何が起きるかわからない。並行して進めなくてはいけない新しい仕事もどんどん増えていきますが、確実に、誠実に、ひとつずつ(と自分に言い聞かせる日々)。