今週のモードニュースから

2019年1月20日

寒中お見舞い申し上げます。

課題山積の長いトンネルのなか、春夏シーズンでの大きな成果を目指してひとつひとつクリア、という一週間でしたが、仕事の合間の息抜きに、各国の(といっても英語圏ばかりですが)モードニュースから面白いと思ったネタはツイッターでシェアしております。フォロワーがほとんどいないことも幸いして、あまり深く考えず、瞬間の思い付きコメントのお気楽な瞬間シェアばかりですが、あとから他のニュースが出てきた時にネタになる場合が多いので、今週分をまとめておきます。

自分のための覚書のようなものですが、みなさんにも気になるニュースがあったら、元記事をチェックしてみてね。リンクはこちらでははってありませんが、適宜検索またはkaorimode1のツイッターアカウントからどうぞ。

トランプ大統領は、大学のスポーツ選手たちをホワイトハウスに招くにあたり、自腹でファーストフードのハンバーガーを大量に購入してもてなしたこともニュースになりましたね。銀のトレイに仰々しく盛られたビッグマック。なんだかトランプ政権を象徴するような図でした。

そうそう、古いメールのマリエコンドー(=英語では、片づけるという意味の動詞になっている)をしていたら、あらためて興味深い発見をしました。人を褒めちぎり、よいしょのかぎりの言葉を尽くしていた人たちが、こちらが助けを必要とする肝心の場面では何もしてくれなかったということに気づいた。褒め言葉を乱発する人には用心しよう。また、褒め言葉にいい気になっている場合ではない。策士はときに、人を油断させ、持ちあげ、はしごをはずすために褒め上げるのだね。おそろしい。あるいはたいして関心がないから褒めておけ、という場合もあるかもしれませんが(笑)。過大な褒め言葉に対しては、表では感謝を述べ、心の中では警戒し、冷静に、じっくりその人の行動を観察しよう。本当に気にかけてくれる人は、辛口の進言もするけれど、ここぞのときに行動して助けてくれる(はず)。

Leave a Comment