尾張一宮、尾州の生地メーカーの老舗、中外国島のチームをハケットロンドン銀座店にご案内しました。

ちょうどオーダーフェアが始まったばかり。

ハケットでのお客様のスーツの買い方や、オーダーの仕方。価格帯によってどのような製作方法があるのか。政治家はなぜポスター用にハケットのスーツを選ぶのか。その他ブランディングに関わる話をいろいろ教えていただきました。右はハケットロンドンの大西さん、中央は中外国島の佐藤さん、左は宮本さん。

いつも目を奪われるハケットロンドンのディスプレイ。VMD担当者がシーズンごとにロンドンに行き1週間かけて覚え、日本に帰りロンドンと同じように再現する。ひとつひとつの地味な努力あってグローバルスタンダードが守られる。

店舗の前で記念写真。ありがとうございました。

ダンヒルのティールームでお茶。以前、大好きだった濃厚なジェンツワールドは昨秋改装されて、洗練された現代的なインテリアに変貌を遂げていました。dunhillと型押しされたパンケーキ、というか、どら焼きの皮の部分。アイスクリームの下にはくだいた「かりんとう」。意外に盛り上がるスイーツでした。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です