3月はラジオはじめトークショーや講座など「話す」仕事が7~8件はいることになりそうで(うち2件は延期などの可能性もあり保留中なのですが)、登壇用の衣裳も春らしくそろえたほうがよいかなと思い、仕事のあと、代官山のジュンアシダ本店へ。

代官山の駅前交差点では、すでに上の写真のように桜が満開。なんという種類の桜なのか、植物の種類にうとい私にはわかりませんが、気持ちがいちどにぱっと明るくなりますね。問答無用に春。

桜効果もあり、また冬の間は黒とグレーばかり着ていたこともあり、やたら明るい色が着たくなってピンク系ばかり試着。笑 そういえば今年はアカデミー賞の授賞式でもピンクを着る女優や俳優(ピンクのタキシードあり)が多かったですね。今年の市場ではピンクのバリエーションも豊作です。

買いもののあとに、お店のスタッフが「ご覧いただきたいものがあるんです」と案内してくださったその先には、なんと見事な7段のおひなさま。友子夫人が芦田家に嫁ぐときに持参されたものだそうです。写真ではその精巧さが伝わらないのですが、実に丁寧に細かい仕事がなされています。

ジュンアシダにはおひなさま担当係とも呼べる専門の男性スタッフがいて、毎年、きちんと出して設置し、収納するという仕事をおこなっているそうです。たしかに、小物ひとつとっても、誰がもつのかどこにおくのか、知識がないとこの作業は難しい。

こんなふうに丁寧に扱われ続け、人に愛でられ続けるおひなさまもとても幸せですね。

思わぬ幸福のおすそ分けにあずかりました。ジュンアシダ本店のスタッフのみなさま、ありがとうございました。友子夫人にも感謝します。

さて。たくさんの新しい出会いが待っていそうな3月。多方面から機会を与えていただけること、ほんとうにありがたいことと心から感謝しています。ゲストのみなさまに楽しんでいただけるよう、最善を尽くします。久々に大阪でのトークショーの機会もいただき、とても楽しみです(近日中にご案内します)。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です