桂由美さんのショー。上野国立博物館表慶館にて。

半世紀以上、この業界の第一線で活躍中の桂由美先生。その底力とエネルギーが予想をはるかに超えており、圧倒されました。100体ほどのコレクション。しかもどれもがこの世のものとは思えぬ美しい素材を使い、ヘアメイクも含め、この上なく丁寧に立体的に造り上げられている。1時間延々と続くショー。ふつうのファッションショーがほぼ15分~20分であることを思えば、その3~4倍ですよ。しかもほとんどがウェディング。これでもかと続くゴージャスの波。途中、あまりの美しさに倒れるかと思いました。(ギリギリの到着だったので、カメラ席の端に立って見てました)

どれも紹介したいくらいなのですが、どこかのサイトにコレクションフォトがあると思うのでチェックしてくださいね。花婿とおそろいのモチーフのこのドレスもすばらしかった。パールホワイトに金糸の刺繍ってタイムレスですね。震えました。後ろ姿にもうっとり。

チャプターごとにピリッとしたアクセントのように登場するファブ・フォー。この色彩感覚、楽しい! 

クライマックスはいくつもあったのですが、そのひとつが、吉田沙保里さんのウェディングドレス姿。武井装さんにヴェールをとってもらったあとはお姫様抱っこ! かわいい。愛らしい。霊長類最強女子のあまりのかわいらしさに思わず涙した瞬間でした。

吉田さんと武井さんの和装バージョンもあり。前にいる小さなお子様ふたり、とても初々しくて、手をつなぎながら一生懸命歩いている姿がなんともほほえましかった。

フィナーレ。「物語のあるカップル」のモデルとして登場していたこの二人、今回のショーで最高に好きだったカップルでした。マントの後ろ姿もカップルでゴージャス。いいなあ。

フィナーレ続々。音楽もよくて、フィナーレでの明るいダンシング・クイーンのアレンジがまた効くのです。

延々と続くフィナーレ。ひとりひとりの、およびカップルの、完成度がもう天上レベル。写真で伝わりにくいのがもどかしい。

吉田さんと武井さんは、洋装⇒和装⇒洋装へとチェンジで3度登場。おつかれさまでございました。眼福でした。ありがとうございました。

最後はスタッフも紹介され、由美先生とゲストの2人に花束も贈られ、鳴り響く拍手のなかで終了。見ている方も感動の連続によるぐったり心地よい疲れ。

質・量ともに、これほどの高いレベルのショーを提供できるブランドはいまどれほどあるだろうか。愛にあふれたブライダルは夢の頂点ですね。桂由美先生への敬意、あらためて深くしました。上野まで走っていってよかった。このショーの感動の余韻はしばらく続きそうです。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です