Journey to the Seventh Sense / BLOOM AURA the Journey

2019年3月21日

銀座のシャネルビルのすぐ近くに、異次元空間を創出したようなサロンがあります。ブルーム オーラ ザ ジャーニー。一歩足を踏み入れると高級日本旅館のような雰囲気にほっとすると同時に少し背筋が伸びます。

経営するのは、福岡を拠点として全国展開するEBM。化粧品製造・開発・販売や全国にスキンケアスタジオを経営しています。このサロンは2018年オープンで、当初は紹介制だったそうなのですが、1年経って、広く門戸を広げようということになりました。

トリートメントのメニューは何種類かありますが、シグニチャーとなるのが、「リリース&エナジャイズ ハーフデープログラム」。なんと180分間で15万円(+税)という突き抜けたメニューです。

ひとりひとりの体調やソウルナンバーにあわせて選ぶ数十種類のケアアイテムを使い、全身、顔、頭のすみずみまで、3名のCOUKISHI(こうきし)によるオールハンドのトリートメントをおこなうというもの。

COUKISHI(こうきし)とは、EBM社のなかでも選び抜かれた施術師に与えられる特別な称号です。光肌(肌を光り輝かせる)、高気(気を高める)、煌生(人生を煌めかせる)という3つの使命を持っている人たちのことだそうです。

さて、今回の超絶メニューですが、パンフレットにはこのように記されております。

「全ての滞りを深部から取り除き、施術が進むにつれて徐々に身体の重力がなくなる感覚に。最後はお腹の中からエネルギーが満ち、目の奥が軽くなり、全てが上手くいく感覚を得る、第七感へのジャーニーをお楽しみください」。

第七感へのジャーニー。もはや、エステとかトリートメントとかスパという範疇を超えていますね。「旅」ですから。

幸運にもこの「旅」を体験する機会をいただきました。

カウンセリングや体調チェック、ソウルナンバーの解説、呼吸を整えるなどの軽い準備段階のあと、ストーンスパで20分。ここでかなり深部があたたまります。

酵素ドリンクを飲んで、いよいよ施術に入るのですが、3人×3時間なので、実質、9時間分の施術ですね。足の先、手の先はもちろんのこと、骨の深部ひとつひとつ、耳のつぼひとつひとつ、顔はもちろんのこと、頭部すべてにいたるまで、とにかくすみずみまで徹底的にほぐされ、あたためられ、浄められるという印象。施術の合間の身体をあたためるために使ったホットタオルは300枚。

私は肩こりの自覚症状がまったくないのですが、実は相当、肩のあたりが凝っているということも指摘されました。

各部所で使うオイルも異なるのですが、途中、匂いがさまざまに変化します。その人の調子に応じて、立ち上る匂いもかわってくるとのこと。変化する匂いのなかで意識のほうは眠くなってくるのですが、それにつれて身体は覚醒していくというイメージ。


正味の施術時間が3時間なので、カウンセリング、ストーンスパ、ドライなどの時間も含めると、ほぼ半日の「ジャーニー」でした。日常はまったく意識しなかった自分の身体の内部に向かう「非日常的な」時間を経験したという意味では、たしかに「旅」ですね。

この「旅」はたしかに体験する価値があります。エステサロンでのボディケアとフェイシャル、ネイルサロンでのフットケアとハンドケア、日帰り温泉でのストーンスパとリラックス、そして個に徹したインナーワールドへのプチ旅行などをすべて一緒にまとめておこなえる(しかもハイレベル)という意味では、価格設定はむしろ妥当と思われます。とはいえやはり、敷居が高い……と感じられる場合、ほかのメニューもありますので、ぜひHPをご覧になってみてください。

この日、担当してくださったCOUKISHIのみなさま。左から元良俊介さん、清賀邦子さん、堀田有美さんです。お心のこもったプロフェッショナルな施術とおもてなしに感動しました。ありがとうございました。



ブルームオーラ・ザ ジャーニー
住所:東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館 4F

公式サイトはこちら
www.journey-ginza.jp

Leave a Comment