読売新聞夕刊連載「スタイルアイコン」。5日付ではグロリア・ヴァンダービルトについて書きました。

第96回になります。あと4人で100回。今年ももう終盤が見えてきました。一瞬の油断が命取りになるのは「キングダム」でも痛いほど教えていますが、集中力全開で乗り切ります。

グロリア・ヴァンダービルトは日本ではそれほど知名度がないかもしれませんが、アメリカでは超有名人でした。字数の都合で泣く泣く割愛したのですが、グロリアの実母(娘のお金を浪費して養育権を失う)には双子の姉(妹)がいて、その人こそほかならぬセルマ・ファーネス。そう、あのエドワード8世の当時の愛人だった方で、当時「親友」だったウォリス・シンプソンをエドワードに引き合わせた張本人です。その結果がどうなったは、『ロイヤルスタイル』でお読みくださいね。リッチな人たちどいつもこいつもなんだかな。っていう感じではありますが。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です