昨日はジャニー喜多川さんのお別れの会だったんですね。だからというわけではないけれど、最近読んだ本のなかでひときわ心に残った本。10年ボツになり続けて、ジャニーさんが亡くなるタイミングで出版されたということには、やはり特別な意味があるように思いました。

私はジャニーズファンというわけでもないし、そもそもテレビを見ないので、この本に紹介されているタレントの中には顔が思い浮かばない人もいる。でもそれぞれの立ち位置を見つけて独自の分野を切り開き、成功したジャニーズたちの具体的な努力の軌跡は、他のジャンルでもがいている人にとっても大いに参考になるものと感じられた。現に私は、彼らに比べたら自分がいかに甘えた努力しかしてこなかったのかを知らされて愕然としました。努力のレベルが違う。とりわけ岡田准一が自分に課した日課には。これからも時々読み返して励みとさせていただきます。

第2部は教育論としてもインスピレーションに満ちています。ジャニー氏によるジュニアの選抜基準もなるほど、でした。なによりも人間性。やる気があって、表面だけをとりつくろわず、人間的にすばらしければ「誰でもいい」と。

著者のスタンスがまたよいのですね。ジャニーズに憧れて、オーディションも受けて、ジャニーズになれなかったという霜田明寛さん。ジャニーズ愛に溢れ、そこから得た豊かな学びをこのように多くの読者に伝えようとする姿勢も素敵です。10年、改稿し続けた成果がこのように実り、ほんとうによかったと思います。リスペクト。

 

 

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です