2020年の仕事の振り返りです。

?企業のアドバイザー、顧問としてマーケティングおよびブランディングの仕事をご一緒してきました。4~6月の間はほぼ業務停止状態でしたが、7月以降、通常以上に積極的に伴走しております。

?昭和女子大学客員教授として、ビジネスコミュニケーションの講座を担当しました。今年はすべてZOOMでの授業となりました。

そのほか、執筆・講演などの仕事は以下の通り。

?今年出した本

・2020年1月18日 『「イノベーター」で読むアパレル全史』(日本実業出版社)

?単行本解説

・2020年5月20日 佐藤賢一『黒王妃』(集英社文庫)巻末解説および帯

?今年書いた記事

<継続中の連載> *Works: Newspaper, Magazine, Web の欄から本文をお読みになることができます(一部除外あり)。

・日本経済新聞「モードは語る」 全12回
・読売新聞「スタイルアイコン」 全12回
・北日本新聞別冊まんまる「ファッション歳時記」 全12回
・JBpress autograph 「モードと社会」 全7回
・婦人画報.jp 「フォーマルウェアの基礎知識」全12回
・集英社クオータリー kotoba 「スポーツとファッション」 全4回
・講談社FRaU ウェブサイト「JAXURY」全10回
・Forbes Japan ウェブサイト 「ポストラグジュアリー 360°」 全1回
・LEON 源氏名での連載 全12回

<短期集中連載>

・Disney Daily (ディズニー公式)「ディズニープリンセスのファッション」 全3回
・東京新聞「王室ファッション裏話」 全5回
・JBpress autograph Look Book 2020 summer spring 全3回
小計93記事

<単回記事>

・2020年12月21日 英国のブランド ショーン・コネリー (日本経済新聞 Nikkei The STYLE)
・2020年3月15日 産声上げた純国産ツイード (日本経済新聞 Nikkei The STYLE)
・2020年11月6日 「トルーマン・カポーティ 真実のテープ」劇場用パンフレットエッセイ「スワンとカポーティ」
・2020年12月1日 「世界を創ったイギリス文化論:世界に影響を与え続けるイギリスファッション」(English Journal 12月号)
・2020年10月24日 「距離ごとに最適なストライプがある、らしい」(LEON 12月号)
・2020年10月23日 「現代の贅沢品を考える 巻頭エッセイ」(AERA STYLE MAGAZINE 2020 Winter)
・2020年10月  「パリの調香師 幸せの香りを探して」劇場パンフレットエッセイ「二人の人間の出会いが香水を作る」
・2020年10月6日 「地球にやさしいファッションのために」(Men’s Precious 2020 Autumn)
・2020年9月25日 「賢い男の服と暮らし 巻頭エッセイ」(AERA STYLE MAGAZINE 2020 Autumn)
・2020年9月1日 「時代を彩るミューズ。その存在感を印象づけた”バッグの役割”」(婦人画報 10月号)
・2020年10月1日 「コロナが変えるモード 未来に移行中」(GQ Japan 10月号)
・2020年8月25日 「仕事着の常識を疑え:服装自由化の時代だからこそ、自分のルールを決めよう」(Men’s Club 10月号)
・2020年8月20日 「錦の心に『正しい』服を」(『結果を出す男はなぜ「服」にこだわるのか?』書評)(青春と読書 9月号)
・2020年7月1日 「『日本育ち』のエレガンス 第2章 自由な創造精神」(婦人画報 8月号)
・2020年5月7日 「古今東西に通ずる避暑文化とは」(Men’s EX 6,7月合併号)
・2020年4月6日 「テイラードスーツの未来」(Men’s Precious 5月号 )
・2020年4月6日 「男を磨くのに映画ほどの教科書はない」〈 Men’s EX 5月号 )
・2020年3月25日 「イノベイティブな働き方」(Oceans 5月号)
・2020年3月25日 「働く男の印象は、Vゾーンでつくる!」(Men’s Club 5月号)
・2020年3月20日 「男に、真珠」(Switch 2020年4月号)
・JB press autograph 「日本のビジネスマンに匂いはあるか」
・集英社インターナショナル 「コロナブルーを乗り越える本」
・GQ Japan 「性的指向に紐づかないファッションとは何か?」
・NewsPicks 新潮流 「コロナ後に生き残る、一流ブランドとは」
・日本実業出版社ウェブサイト 「一大トレンドを生んだクリエーターの驚きの発想力」
・2020年9月10日 MIKIMOTO 2020 Catalogue  Japanese version  English version

小計26記事

?コメント

・2020年12月22日 「スーツがなくなる これだけの理由」(週刊SPA! 2021.12.29/1.5 合併号)
・2020年12月  「パリの調香師 しあわせの香りを探して」コメント
・2020年12月  「ヘルムート・ニュートンと12人の女たち」コメント (朝日新聞、読売新聞にも転載)
・2020年11月7日 NIKKEI プラス1  何でもランキング 家族で楽しむユニーク事典(日本経済新聞)
・2020年10月  「トルーマン・カポーティ 真実のテープ」コメント
・2020年9月22日 「日常に溶け込む ジェンダーフリー」(日本経済新聞)
・2020年9月13日 「天皇陛下とシルクハット」(読売新聞)
・2020年7月7日 「名品が私に教えてくれたこと」(Precious 8月号)
・2020年6月1日 「男女の装いはどのように変化をとげてきたのか」(Pen 6.15 号)
・2020年3月29日 「『007』のジェームズ・ボンドに垣間見る英国紳士の伝統と前衛」(The Nikkei Magazine Style  29 March)
・2020年3月28日 「ハイソサエティと共に進化してきた『スポーツ』」(Richesse 2020 Spring)
・2020年3月16日 「アクリス」がAi”に込めた哲学、バッグ誕生10周年を迎えて (WWD Japan vol. 2129)
・2020年3月6日 ラグジュアリー7つの条件(Precious 4月号)
・2020年1月10日 「ダウントンアビー」コメント

小計14記事

?メディア出演

・2020.10.23  「ダノンビオ コラーゲンプラス」発売記念スペシャルオンラインイベント
・2020.5.17  NewsPicks   The Prophet 「日本ブランドが世界にブレークする条件 #3  ココ・シャネルに学べ」
・2020.5.16  NewsPicks   The Prophet  「時代の危機を乗り越える  #2 逆境を取り込む」
・2020.5.15  NewsPicks   The Prophet 「コロナ後のファッションビジネスはこう変わる #1 トレンドのない世界へ」
・2020.3.20 VITA No. 120 粋・いき・マイライフ インタビュー (社会福祉法人 富山県社会福祉協議会 富山県いきいき長寿センター友の会会員誌)
・2020. 1.17 (再放送1.18) NHK総合「チコちゃんに叱られる」(スーツの襟穴は何のために開いている?)

?講演・トークショー

・2020年12月15日 関西学院大学 ゲスト講義 「コロナ後のファッションと新しい価値観」
・2020年12月10日 北日本新聞主催:北日本マーケティングクラブ 創立40年記念講演 「コロナ後のファッションと新しい価値観」
・2020年12月5日 ブリティッシュフェア2020 イブニングセミナー 「変わりゆくラグジュアリー」
2020年10月20日、21日 プリンスホテル東京シティエリア 新人研修 「ホテリエの品格」
・2020年10月7日 アイ・コーポレーション主催「自分らしく生きるために未来を創る」~大自然の中で女性リーダーが語り合う2日間 「新時代のラグジュアリーを創る ~アパレルイノベーターを通して学ぶ」
・2020年8月26日 研究・イノベーション学会 国際問題分科会「アパレルイノベーターズ」
・2020年6月26日 MYCELLUCE presents 「光代の部屋」ゲスト  谷田光代×中野香織 「女性起業家の本音」
・2020年5月23日 カフリンクス倶楽部主催   講演 「アパレルイノベーターズ」
・2020年2月25日 テラウチマサト主催「Salon de Masato」 「ダンディズムとジェントルマンシップ」
・2020年2月22日 日本マナープロトコール協会ブリリアントクラブ 「ファッションの力 ~ロイヤルファミリーから学ぶ」

・2020年2月3日 プリンスホテル東京シティエリア 研修 「ホテリエの品格」
・2020年1月25日 ラ・コゼット・パフメ 第31回 「時代のイノベーターが発する香りとは」

計13回

?そのほか

・2020年10月 NewsPicks プロピッカー就任
・2020年1月 心斎橋リフォームマガジン vol. 6 出演 「Go Big or Go Home」

?SNS
・Instagram:kaori.nakano
・Twitter:kaormode1
・LinkedIn

 

「落穂拾い」「器用貧乏」「不器用貧乏」と揶揄されながらも、おかげさまで仕事を通して少しずつですが成長することができているように感じます。社会的なステイタスとは無縁ですが、研究の成果でだれかのお役に立てることは、この上ない幸せです。ご支援くださいましたみなさまに、心より感謝申し上げます。今後ともひとつひとつの仕事に謙虚に全力で向き合い、いっそうのお役に立てるよう、精進を重ねていけたら幸いです。来年は読売新聞と北日本新聞の連載が10周年を迎えます。淡々と積み重ねることができることのありがたさをかみしめつつ、毎回、新鮮さを提供し続けられるよう、挑戦を続けます。

今年の心残りというか反省事項は、出版予定だった2冊が延期してしまったこと。ひとえに、私の努力不足のためです。20年ぶりの「続編」というか「総括」、2021年には世に出すべく時間の使い方に留意し、アウトプットの精度を高めていきたいと思います。

ビジネスとアカデミズムの領域を融合していけるように、というか、あらゆる枠の制約を乗り越えて、ヒューマニズムの深淵を追求しつつ可能性を拡張できるよう、研究とアウトプットに没入します。2021年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

寺家町の冬。

世界は不穏で、未知のウィルスとの戦争が続いていますが、目に映る自然は穏やか。雲一つない快晴が続いています。

明日どうなるかわからないと思えばこそ、いっそう貴く見える空。

人類の次の種が地球に住むようになっても、おそらく淡々と陽は上り、沈む。人類が住む前からもそうだったように。


枯れ木に青空も妙味がありますね。

ブルードアコーヒ―。選んだ炒りたての豆をその場で挽いて、コーヒを淹れてくれます。こんな田舎なのにスタバより高くてびっくりですが、香ばしいコーヒーの香りが冬枯れのあたり一面に広がって平和な情景。忙中閑。

 

木の実からダウンを作るKapok Knot の創業者、深井喜翔さんにインタビューしました。

日本橋の新オフィスもこれから形になっていく。あらゆるアプローチが新しいラグジュアリーに合致していて、ワクワクします。

年明け最初の日経連載に書きます。ミレニアルズは頼もしい。

これがカポックの実。

薄くて本当にあたたかいのです。

キャサリンには深井さんにおつなぎいただいたばかりでなく、インタビューの撮影助手まで務めていただきました。感謝です。

東京都現代美術館で開催中の、石岡瑛子展。

石岡瑛子に説教されながら(肉声がBGMとしてがんがん響いている)、桁外れのイマジネーションに圧倒される展示。

彼女が71歳で結婚していることを知り、驚愕を通り越して納得。究極のエイジレス&タイムレスな引力はぜひ体験しておきたい。おすすめ。

 

週刊SPA!にデビューしました。

22日発売の12/19, 1/5  合併号です。表紙の写真は福山雅治。踊る文字がちょい恥ずかしくアップできませんが、中は硬軟色とりどりですね。

Precious 、Nikkei The STYLE から週刊SPA!まで七変化も芸のうち。

 

Three Well Dressers のおひとり、日本のメンズファッションを牽引してきた鈴木晴生さんにインタビューしました。

SHIPS 銀座店にて。

鈴木さんは過去の企画書(手書き!)、メモ、新聞・雑誌掲載記事、デザイン画などすべて保存していらっしゃるのです!

新しいスタイルを考え、提案するための圧倒的な努力と熱量。天才が素振りを欠かさない、みたいな。仕事に向かう真摯な姿勢そのものに驚かされ、刺激を受けました。鈴木さんの若さの秘訣もこうした日々の研鑽の賜物なのだと思います。

詳しい内容は、来年1月にウェブ掲載の予定です。

「MISS ミス・ふらんすになりたい!」試写。

少年のころに抱いた夢、「ミス・フランスになる!」を叶えるべく闘いながら自分と周囲の殻を破っていく主人公を、ジェンダー自由自在モデルとしても活躍するアレクサンドル・ヴェテールが好演。

ミスコンの裏舞台、現在のフランス社会のリアルも描かれる、エモーショナルで楽しい作品。詳細はあらためて別媒体で書きますね。

 

写真ともに©2020 ZAZI FILMS – CHAPKA FILMS – FRANCE 2 CINEMA – MARVELOUS PRODUCTIONS

 

2021年2月下旬、シネスイッチ銀座 他全国公開

配給:彩プロ

不意打ちのようなおもしろさに、のめり込んで読んだ本2冊。

 まず、森永邦彦さん(アンリアレイジのデザイナー)の「AとZ」。いやこれ、映画化できるレベルの話だろう。なんどか泣いた。レビューを別メディアであらためて書きます。

 

 近藤康太郎さんの文章読本。文筆業の期間だけはベテランのはずの私もハズカシイことをあちこちでやらかしていたと思わず背筋が伸びた。途中、正座して読みたくなった。最後は思い当たること多々で、漠然と感じていたことをすべて言語化してもらったような思いに震えた。

以下の方法論的なこと(紹介されている項目のほんの一部です)だけでも、詩的に、グルーブ感たっぷりに書かれている。

・「など」「さまざま」「いろいろ」に逃げない。

・世界に氾濫する「としたもんだ表現」の洪水に、抗うために書く。

・「なぜわざわざ文章を書くのか。みなが見ていることを見ないため。感性のマイノリティーになることが、文章を書くことの本質だ」。

・「思わず」「ほっこり」「癒される」は「かまとと話法」。

・「転」とは鐘のこと。鐘は大きく鳴らせ。結論とは、鐘の音が響いてこだまする、山のざわめき。

・五感を磨きぬく。五感を他人にゆだねない。ライターに必要なのは、正確さに対する偏執的なこだわりだ。

・文章は人格も変える。思考、感情、判断を変える。人生を変える。人間が発明したもののなかで、言語こそがもっとも創造的であり、破壊的でもあり、人間の考えを縛り、同時に自由にするシステム。

・スタイルとは、文体。流儀。くせ。ルーティン。約束。品格。つまり生き方。スタイルのない人間は、みじめだ。

・空間を撃つ。文章を書くとは、世界にスペースを創ること。

・企画とは、自分を驚かせること。

・ナラティブとは話術。ストーリーは有限だが、ナラティブは無限。

・躍動している文章には、覚知されないリズムが埋め込まれている。

・grooveとはレコードの溝。溝にレコードの針がはまって音楽が流れだす。

しかしこの本の真髄は上記の項目をはるかに超えたところにある。後半3分の1には、心をもっていかれる。私もそうやって生活の中で時間を創って本を書き、毎日というか毎朝なんらかの文章を書いてきた。40年間(まったく評価もされないことにもめげず淡々と)。女神とmojoの話は、オカルトめいてみえて、本当のことなのです。書くこと=生きること、ということが決しておおげさではないと思える、近藤ワールド全開の名著。

 

今朝の日経The STYLE のコネリー追悼記事に関し、気を取り直して、謝辞と若干の補足の解説を。

James Bond と007は、使い分けが必要なのです。漠然としたファンにとっては同じようなものなのですが、James Bond はフレミングの原作に登場するキャラクターとして、たとえばプリンスホテル東京シティエリアで展開しているボンドメニューやボンドカクテルなどにも使用可能です。

一方、007となると、版権が映画製作のイオンプロにあります。したがって勝手にロゴを使ったりすることが見つかると、イオンプロから訴えられるおそれがあります。実はこれを知らずに007企画を進めて、直前でストップがかかり、ひやっとしたことがありました。以後、注意深く使い分けをしています。今回の原稿でも、そのあたり最も神経を使いました。

007と提携しているブランドも、映画ごとに変わっていますし、提携といってもいくつかの種類がある。このあたりのことについて、最新情報を反映し、原稿でミスがないよう、プリンスホテル東京シティエリアのボンドメニューでも監修いただいているBLBG CEOの田窪さんにご助言いただきました。

お話によればアストンマーチン、オメガ、ボランジェ、グローブトロッターはオフィシャルパートナー。ファミリーと呼ばれる組織のようなボンド組だそうです。お金を積んでも入れない、固い結束の世界。そのほかのブランド(スワロ、デュポンなど)は、作品ごとに出入りするとのこと。また、構成員にしてもなにか問題を起こしたりするとすぐにクビになるらしく、ターンブル&アッサーは「カジノロワイヤル」で問題を起こし、以後、ボンド組を外れているのだそうです。第一作のDr. Noから歴代のボンドシャツを作ってきたターンブル&アッサーですが、いまは007との提携はないのですね。驚きです。

しかし、ターンブル&アッサーは「ジェームズ・ボンド・コレクション」は展開している。この名は原作のキャラクターとみなしているからOKということですね。「007」は使えない。本国のターンブルのサイトには007のマークまで掲載してあって紛らわしいのですが、昔のよしみのような形で黙認されているか、イオンに見つかるとNGとなるかもしれないらしい。

そのような事情を知ったうえで、原稿からはターンブル&アッサーと007との関連を外しました。ボンドファンは本当に細部にうるさいということは、昨年の「ボンドの朝食」でいやというほど知らされたので、ひとつひとつ、あやふやな点をつぶしていきました。田窪さんのご助言にあらためて感謝申し上げます。

それほど神経をすり減らしても、基本的な場所でうっかりミスが出てしまう……。完璧とはなんと難しいことでしょうか。2020年のトリを飾るはずの仕事が、なんだかもう、情けない限り。これを戒めとして、さらに一つ一つの仕事をとことん丁寧に謙虚にやっていくことを来年の目標とします。

本日付の日本経済新聞The STYLE

コネリーのオビチュアリーとして「英国のブランド ショーン・コネリー」を書いています。

1か月以上前から原稿を送っていた渾身の記事で、校正ゲラを、おそらく20回くらいやりとりして、絶対にミスのないよう、ぎりぎりまで神経を使いました。The STYLEの今年の最後を飾り、コネリーへ捧げる完成度の高いページとなるはずでした。

 

なのに、一点、とんでもなく基本的な誤植が。

なぜこんなことに。日曜朝の一点の曇りもない快晴が落ち込みをさらに加速させます。調子に乗っていると天罰が下る、というような、冷や水を浴びたような朝。

 

 

(気を取り直し)。

「フォーマルウェア」となるべきところが「フォーマルウエアア」となっています。途中の校正では大丈夫のはずでしたが、改行などで最後、レイアウトを整える時になにか間違いが起きてしまったものと思われます。出てしまったものは戻しようがない……。

読者の皆様にも、お見苦しいものを見せてしまい、心よりお詫び申し上げます。ショーン・コネリーにもお詫びしてもしきれない。

 

今日は一日、追悼を兼ねて喪服を着て過ごします……。