ラグジュアリーブランドのコロナ後のビジネスを見据えたフォーブスの記事

以下、概要です。

コロナ後、ラグジュアリービジネスはよりローカルに適応することを学んでいく必要がある。地域によって、文化によって、ラグジュアリーに対する態度が全く異なる。

たとえば韓国、中国、アラブ首長国連邦では、若い成功者がステイタス誇示のために大きなロゴを求める。

一方、西洋はもっと複雑。排他的なものにアクセスする喜びと、「別世界のヒト」と認識されることから来る否定的な感情に引き裂かれている。さらに、サステナビリティは必須。

そんな時代に、ラグジュアリーブランドがコロナ後の社会でとるべき4つの戦略を提言。
・市場参入戦略を、地域の現実に適応させる。
・グローカルにいく。たとえばナイキは地元のスポーツ、イベント情報を提供するためのイノベーションハウスを設置。
・地域の顧客との関係を活性化する新しい方法をとる。例えば地元の営業スタッフがマイクロインフルエンサーになる。
・価値提案の革新。多様化する要求にこたえるたえ、多様な価値を提供していく。たとえばロゴつきとロゴなし。超富裕層向けの超高級品と手ごろな価格のもの。

「より多くの人と、より頻繁に」つながるためのローカライズを確実に行っていくためにも、各地域の文化を理解することが、より強く求められていきそうです。

異文化を学ぶ、ということは単に価値観の違いを知り己を知る、ということにとどまらず、こうしたビジネス上の戦略にも結び付いていくのです。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です