◇「ココ・アヴァン・シャネル」の試写@ワーナー・ブラザーズ。アンヌ・フォンテーヌという女性監督による映画で、シャネル役はオドレイ・トトゥ。孤児院時代~キャバレーでの歌手時代~最初の愛人バルサンの城での「囲われ(居候?)」時代~最初の恋人カペルとの出会いと死別~デザイナーとしての名声を勝ち取るまで、という「デザイナー、ココ・シャネルが誕生する以前」が描かれる。

オドレイ・トトゥの、引き込まれるような黒い瞳を生かした表情がすばらしく、最後はほんとうにシャネルの肖像写真とぴたり重なるように見えた。

20世紀初頭のファッションが驚くほどきめこまかく再現されていて、カメラもアクセサリーやレース、襟やタイやカフスのディテールまでねっとりとアップで写していく。有名な「らせん階段」のショウで使われたシャネルのドレスも美しく、衣裳・美術だけでも眼福ものである。

でもさすがはフランス映画というか。ファッションにさほど関心のない観客にとっても、シャネルとバルサンとカペルの野蛮にして優雅な三角関係は、見ごたえあるドラマとして映るだろう。友人バルサンからその愛人シャネルを「二日間借りる」というエレガントな申し出をしてイヤミではないカペルにはぶっとぶし、それを嫉妬しながらも許し見守るバルサンもわけがわからない(←ホメ)。二人の男の間で、スムーズに愛人の受け渡しが成り立ってしまう過程が、実はもっとも興味深かった。上品に淡々と描かれながらも(それゆえに)、3人それぞれが秘めた心の奥の荒々しい熱情が目に見えるようだった。他の国の映画ではなかなかこんな描き方はできないのではないか。

バルサンがたびたび、労働への軽蔑を口にする。シャネル以前は、ファッションは「労働とは無縁な」有閑階級のものであったのだ、とあらためて認識する。そういうサークルの中にありながら、労働労働、ひたすら労働によって身を立て、名をなし、ゴージャスな恋愛遍歴を重ねたシャネルは、どれほどの意志と魅力の持ち主であったろうか。

早朝の地震にひやり。台風が日中に関東を直撃するかもしれないとの報道で、アウトドアのイベントの予定を変更して映画でも観にいくことにする。時間のタイミングとして「HACHI」が合ったので、とりあえずハンカチを手に(笑)鑑賞。

子犬から老犬にいたるまでの、秋田犬HACHIのけなげな表情としぐさに、ひたすらウェットに引き込まれる映画。ハチとリチャード・ギアとのコンビネーションもすばらしい。結末がわかっている、淡々とした展開の映画だが、ギア様と賢いお犬様を拝めるだけでありがたいようなところもある。制作者の苦労を思えば、これで充分価値ありとすべきであろう。

エンディングロールの途中でぶちっと映像が切れ、「火事です。火事です。1階が火事です。落ち着いてすみやかに避難してください」の非常放送が! なんとなく、映画が始まる前に非常口を確認してはおいたのだが、こんなことがあるのか。パニック状態の観客にまぎれないよう息子の手を握り、内心あせりつつも冷静に館外に出たのだが、煙ひとつでていない。係員は避難を誘導するはずが誰ひとりとして出てこなかったし、館外に出た後も、フォローの放送がない(@グランベリーモール)。いったいなんだったのか。いずれにせよ、本番(?)の火事のときにはぜったいに係員など出てこないしアテにもできない、ということがよくわかった。非常のアクシデントのときには、頼れるのはマニュアルでも係員でもなく、なにももたない自分自身しかない、ということをひしひしと実感。

映画のクライマックスで館外に追い出された客の不満に比べれば、とりあえずエンディングロールまで座っていることができたというのは不幸中の幸いか? いや、そんな問題じゃないのか。

地震と台風と火事に翻弄された日。今日のトラブルがこれだけで済むことを祈る。

気になりながら観る機会を逸していた「レボルーショナリー・ロード」をDVDで。アメリカの郊外でのぬるま湯のような生活のなかで、かつての夢が日々失われていくことにうんざりした倦怠期の夫婦が、そこから独立しようとしてますます歯車を狂わせていく。最後はとりかえしのつかない悲劇に。

夢破れたぬるま湯ライフの夫婦を描くという意味では「アメリカン・ビューティー」の系譜だろうか?  にしては笑いもまったくない、「ど」リアリズム映画。50年代のハリウッドでこういう映画がたくさん作られていたのではなかったか? なぜ、今? 美しいはずのディカプリオとウィンスレットが、ぜんぜんきれいに撮れてなくて(あえて、であろうけれど)、さびしい。ラブシーンも殺伐として乾いている。救いも笑いも美もなくて、観た後、なんだかどよーんと落ち込む。とはいえ、こんな重苦しい感覚をときどきフィクションを通して味わっておくことも必要だなあとは思う。というか、フィクションだけでイナフである。