傷跡を見せるウェディングドレス / プリンセス・ユージェニー

2018年10月13日

12日は、プリンセス・ユージェニーのロイヤルウェディング。ウィンザーのセント・ジョージ礼拝堂でおこなわれました。プリンセス・ユージェニー(28)は、ヨーク公アンドリューと、(離婚した)セーラ・ファーガソンとの間に生まれた次女で、エリザベス女王のお孫さんにあたる方。王位継承権は第9位。お相手はジャック・ブルックスバンク(32)、ワイン商で、テキーラのアンバサダーのお仕事もなさるソーシャライトです。

ユージェニーのドレスは、ピーター・ピロット&クリストファー・ド・ヴォスのデザインで、背中が大きく開いていることが目に留まります。そこには傷跡が。プリンスセスが12歳の時に受けた脊椎側彎症(脊椎が右または左に曲がる病態)の手術の跡で、この病気に注意を喚起するため、あえてこのような見せ方をしたのだそう。

ダイヤとエメラルドのイヤリングはブルックスバンクからの贈り物で、エメラルドのココシュニク・ティアラは女王から借りたもの。1919年にブシュロンが制作したものだそうです。

ヘアスタイリストはソニー・ジョー・マクファーレーンによる「ルーズ・シニヨン」。靴はシャーロット・オリンピア。メイクアップはハンナ・マーティンとボビー・ブラウンが仕上げたということなどなど、細部にわたる情報がいち早く発信されました。

ゲストは850人。ナオミ・キャンベルやリヴ・タイラー、デミ・ムーアらセレブリティも続々。

プリンセス・ユージェニーはたびたびロイヤルドレスコード破りを(あえて)おこなってきた気の強さを備える方。真っ赤なリップやミニスカート、胸の谷間見せやストッキングなしの素足、などなど。

傷跡見せドレスもなるほど彼女らしいなと納得。

末永くお幸せに!

 

Leave a Comment