佐藤賢一さんの『黒王妃』が文庫化されるにあたり、解説を書くことになりました。カトリーヌ・ド・メディシスをめぐる歴史小説。名前だけ聞いたことのある王や貴族、寵姫たちのどろどろの駆け引きや残虐な処刑や槍試合シーンに思わず引き込まれ、分厚い……と思っていたけど一気に読み終わる。血まみれのパリで、すっくと黒い服を着て立ち、非の打ちどころないことばで語る王妃にゾクゾクする。最後に勝つのは器量がよい自己愛の強い女ではなく、守るべきもののために賢く立ち回れる辛抱強くタフな女だ。

さて、私に与えられたお題は、カトリーヌ・ド・メディシスと黒い装いの関係。

読み返すべきは、まずはこちらでしょうか。

さらにこちら。先行のすばらしい研究の成果に感謝します。

カトリーヌ・ド・メディシスはこういう系譜にも連なります。こちらもリスペクト!する一冊。

 

イベントが続々中止になり、アミューズメントパークや美術館なども閉館になってしまうと、読書時間が増えますね。積読状態だった本や、ダウンロードしておいて見てない映画もこの期間に一気に吸収できるかな。

 

 

 

How to Read a Suit.  かつてご紹介したHow to Read a Dress と同じ著者、リディア・エドワーズによるスーツ版です。17世紀から現代にいたるまでのスーツの詳細な解説。辞典として大切にしたい本。字が細かくて読み続けるのがつらいですが、若い方は視力がタフなうちに読破してくださいね。

 

 

再掲します。こちらはドレス版。

 

 

オリジナルのタイトルは、Call Them by Their Names. 映画好きの方であれば、Call Me by Your Name (君の名で僕を呼んで)を連想しますね。

手垢のついた冷笑的なことばで現実を分かった気になってはいけない。「真の」名前を与えることから本当の意味での解放が始まる。今の日本政府の底なしの惨状を何と名づけたらよいのか、本書で描かれるアメリカの現実と比較しながら読んでいた。

ファッション現象にしても、新しい言葉はどしどし登場するけれど、「真の」名で呼ぼうとすることで、本質的な意味が立ち現われてくるはず。

?ブリリアントクラブでのレクチャーの模様が公開されました。こちらです

 

 

?新連載の予告です。

 集英社「kotoba」で新連載「SとFの関係 ~ スポーツとファッション」が始まります。スポーツとファッションの密なる関係を、古今の事例から読み解いていきます。第一回掲載号は、3月6日発売。単行本化を目指し、始動しました。また長い旅が始まりました。

このような状況のときこそ、警戒を怠りなく、できることは着実に行い、Keep Calm and Carry On.

 

写真家テラウチマサトさんのサロン、Salon de Masato にお招きいただき、「ダンディズムとジェントルマンシップ」についてレクチャーをさせていただきました。

その後の日本橋エドグラン内でのワインバーでの懇親会もさらに盛り上がり、まる2日かけておこなった100枚超のスライド準備もたいへんでしたが、とても楽しい時間でした。

主催者のテラウチさま、ご参加のみなさまに感謝します。

GQ 4月号発売です。

ジェンダーフルイドが浮上してきた経緯、社会に与えた影響を解説しました。よろしかったら本誌でチェックしてみてください。

?日本経済新聞夕刊連載「モードは語る」。22日は、「メンズも飾る真珠」をテーマに書きました。



冒険家のサー・ウォルター・ローリー。


チャールズI世。


再掲ですが、ギャルソンモデルたち。

 

?安西洋之さんに「アパレル全史」をご紹介いただきました。こちらです。身に余るご紹介、光栄のいたりです。ダンディズム、スーツ史、ファッション史、イギリス王室。実はラグジュアリー研究のどまんなかを意識せずにおこなっていたのだと気づかされた思いがしています。

?婦人画報.jp 「フォーマルウェア」連載第4回。先日おこなわれたアカデミー賞授賞式のドレスがテーマです。8人をピックアップして解説しました。こちらです。

 

?日本マナープロトコール協会「ブリリアントクラブ」で講演しました。テーマは「ファッションの力 ~ロイヤルファミリーから学ぶ」。満席、キャンセル待ちとなったそうです。入り口での消毒の徹底、参加者はマスク着用とウィルス防御態勢万全のなか、でも、楽しくわくわくした2時間を共に過ごさせていただきました。主催者、参加者のみなさまに感謝申し上げます。


(ご参加者さまよりご提供いただきました。ありがとうございました)

?21日付の読売新聞連載「スタイルアイコン」です。

JLO ことジェニファー・ロペスについて書きました。


?芳賀徹先生が旅立たれました。大学生のときに、比較文学の授業を受けました。荒っぽいレポートを出したと思いますが、細部に関しては鷹揚で、「こんな才気を大切にしなさい」というコメントだけを添えて返してくださいました。とても励まされて、ごく最近まで保存していました。具体的に比較文学の「何を」教わったのか、内容はさっぱり覚えていないのですが、「どのように」教えていただいたかという語り方や物腰は30年以上経っても忘れていない。「人が人に教える」ことができるのは、具体的情報よりもむしろ「どのように」という在り方なのですね。感謝をこめて、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

?斎藤薫さんの名言。「奥ゆかしく相手を傷つけず、心地よくさせる、その結果期せずして相手を引きつけてしまう……それが日本人」「日本人のDNAにある丁寧さと冷静さ、最低限の大人のためのマナーを持って生きれば、それだけで必ず美しさが宿る」「慌てなくていい、がむしゃらにならなくていい」(GINZANISTA Spring 2020 Beauty)    毎朝、読み返してから出かけることにしたいくらい。

?コロナウィルスを警戒してパーティーやセミナーが続々中止・延期になっている時期ではありますが、4月下旬には収束していることを願いたいです。

 

前回、大好評をいただきました朝日カルチャーセンター新宿での講座から半年。4月25日にアパレル・イノベーターズ講座を開催することが決まりました。

「流行を作った変革者 ファッション史を織りあげるプレイヤー列伝」。

4月25日(土)13:00~14:30

詳細はこちら

 

収束を祈りつつ、ご来場をお待ち申し上げております。

 

 

桂由美55周年アニバーサリーのグランドコレクション。オークラ東京、平安の間にて。


日本において洋装で結婚式をする人がまだ3%しかいなかった時代から、55回のショー。関西では33回のショー、海外では108回、おめでたい数字が並ぶアニバーサリー。


1時間半にわたるショーでは、誕生式から七五三、成人式、起業式、結婚式、結婚15周年(クリスタルウェディング)、30周年(パールウェディング)、55周年(エメラルドウェディング)……を祝うための白い衣装の展開からスタート。(ショーの写真は撮れませんでしたので、ここに掲載している写真は、展示ルームのほうで撮影した過去の傑作)。

とりわけ成人式、起業式の白いスーツのまぶしさには感動。起業式、私もやればよかった。笑 各アニバーサリー婚でもリアルなカップルが登場するんですよね。高島政宏&シルビア・グラブ夫妻、片山龍太郎&片山さつき夫妻、吉田喜重&岡田茉莉子夫妻。15周年、30周年、55周年を足して100婚。なかでも55周年の吉田喜重&岡田茉莉子ご夫妻の存在感と美しさにはやられました。自分には無縁だった幸せがそこにはあふれていて、苦労も乗り越えてこうした絆を作られたご夫婦は、ほんとうにすばらしい。


日経連載で題材にさせていただいた北斎柄のドレスも。

ドレスのレベルは海外でも引けをとらない水準になったけれど、結婚式を行う人が1970年代の半分に減った、という皮肉な現実。代わりに提案されているのが、アニバーサリー婚です。金婚式はよくおこなわれますが、それ以外でもアニバーサリーをパーティー形式で祝うのはいいことですよね。見守ってくれる周囲の方々との仲も深められる。ホテルにとってもありがたいお話。

それにしても桂由美先生のクリエーションの迫力ときたら。写真で見るよりぜひ肉眼で間近にご覧いただきたいくらいなのですが、ショーは演出もドラマティックで、毎回、あまりの美しさに涙が出るほどのレベルです。

オークラのオーキッドルーム。天井が高くてお茶も気持ちよくいただけました。