🌹ウォルポールのラグジュアリーリポート”Be More Queen“より、英国No.1ブランドとしてのエリザベス女王の在り方解説。以下ラフな抜粋です。

“ブランドの成功の要は「Authenticity (本物であること)」にある。「誰かの二番煎じではなく、あなた自身の第一級のバージョンであれ」(ジュディ・ガーランド)。

なかでも最重要なのが「本物の声のトーンを確立すること」。ナイキの「Just Do It」のように。それを書いた人は「ナイキにアイディアは与えなかった。彼らが自身の声を見つけることを助けただけ」と。

ブランド不可欠なこの「本物の声のトーン」を確立し、最もうまく使い続けているのがほかならぬエリザベス女王。すべてを支配するNo.1ルールは「タイムレスな信念と価値観を持ち、相手がだれであろうとこれを一貫させること」。

女王は変身などしない。守る価値は変わらない。自身ではない別のものになろうとはしない。強い信念をもち、目の前にいる人への共感をもとに、知的に柔軟に対応するだけ。 各ブランドはこの最高の例からラグジュアリーブランディングを学べ。”

ビジネスのインスピレーション源にもなるエリザベス女王でした。

 

🌹ZUU Online シリーズの続きです。

第4回 ショパン国際ピアノコンクールで優勝者使用。新興「ファツィオリ」のすさまじきこだわり

第5回 日本のラグジュアリーの元祖。秦ヴィトンから学ぶビジネスモデルとは

第6回 「何の役に立つ?」からの解放。宇宙ビジネスに見るラグジュアリーの喜び。

 

🌹青山ブックセンター主催、オンラインでのトークイベントのお知らせです。

これからのビジネス、文化、社会、ひいては生き方の方向を照らすのは、新しいラグジュアリーです。

ここ30年くらい世界に影響力をふるい、肥大化を起こしていたラグジュアリーブランド的なやり方を「旧型」と位置付けています。もちろん旧型も時代に合わせて急速に変化しています。旧型の変化、新型のあり方を解説します。

青山ブックセンターのイベントページからお申込みくださいませ。

6月15日(水)19:00~20:30 ズームにて。詳細はこちらです。

別府モードを一時中断して、お知らせです。

青山ブックセンター主催のオンラインイベントで、「新ラグジュアリー」について話します。

詳細は、こちらです。

 

今後、ラグジュアリーを語る人は、少なくとも、「旧型」「新型」の違い、世界でのアップデート状況、くらいのことは最低限、押さえておいていただきたいのです。

また、「私とは関係のない世界だ」と思われる方にこそお読みいただきたいという思いで書いているのが、「日本のラグジュアリー」の章です。

新しいラグジュアリーは、贅沢品に囲まれるということとはまったく関係がありません。ラグジュアリーの反対語は、「Vulger(下品)」なのです。で、この場合の下品とは何を意味するのかということも、本書で書いています。

青山ブックセンターでのお申し込みは、こちらから。

 

鎌倉アンティークス土橋正臣さんのお招きで、鎌倉FM「No Antique No Life」にゲスト出演しました。

大船にある鎌倉アンティークスを訪問するのは3度目くらいですが、コレクションがパワーアップしていた!

というのも、9月にオープンするアンティーク博物館に収蔵するために、コレクションがますます増えているというわけですね。

とりわけシャーロック・ホームズまわりのコレクションがすさまじく、初版本がすべてとりそろえられているほか、40分の一のサイズのミニチュア版ホームズの部屋の模型まで。これすべて手作りだそうです。

ほかにもホームズが使っていた顕微鏡とか虫の標本とか石の標本とか、「え。こんなものまで」という驚愕のレベル。すべてをここで見せるとネタバレになるので写真はごく一部のみですが。

19世紀の近衛兵の制服。熊の毛皮の帽子も本物。

こちらは紅茶を入れるためのケース。うやうやしすぎて驚愕を通り越して笑ってしまうレベルの豪華さ。

銀器も一堂に集められています。いまは「博物館に入れるために、一番いいものは売らない」のだそうです!!

ナイフのようなものものは、本をめくるためのもの。手でめくると破れるので、こうしたお道具で丁寧にめくって読んでいく。

興味がつきない世界ですね。

4日23時~ (再放送25日23時~)に出演します。イギリスを研究するきっかけになったことや、ファッション史の分野に進出することになった当時のこと、映画、音楽などの話をしています。

「No Antique No Life」パーソナリティ:土橋正臣 [鎌倉エフエム] 第1月曜 23〜24時 (再放送 第2月曜) 第3月曜 23〜24時 (再放送 第4月曜)

 

 

Muuseo Squareにて展開される、純国産ツイードを使った「クラシック・ノーフォークジャケット」完成記念ライブトークのお知らせです。

3月13日1300~1400
無料です。お申し込みはこちらから↓

意匠一つひとつに理由がある「Classic Norfolk Jacket」完成記念Live 中野香織×伊藤核太郎×小高一樹 〜生地やディテールに込められた思いとは?〜 | MUUSEO LIVE (ミューゼオ・ライブ)

京大、京都市立大、京都工繊大が中心になって開催する文科省価値創造人材育成プログラム「Kyoto Creative Assemblage」。来年度に本格開講ですが、開講プレイベント Session 2: 文化を創造するビジネス、で話します。

祝:人文学発ビジネスの時代到来。

京都大学のお二人(全プロジェクトのリーダーである山内さん、スーパーモデレーターの塩瀬さん)がもうほんとに楽しくて自由なのです。さらに、新ラグジュアリー宣言の共著者である安西さんはミラノから。Letters From Nowhere のメンバー、前澤さんはミュンヘンから、中澤さんは名古屋からの参加です。みなさん日頃は「先生」づけで呼ばれる方々ですが、この場では先生呼ばわりが似合わない。そんな空気感です。

16日(木)18:30~20:00、無料公開です。タイミングが合えばぜひどうぞ。お申込みはこちら

「新しいラグジュアリー」のための講座を開催することになりました。11月末から来年2月まで隔週で、全7回の講座です。
5月に開催した講座のグレードアップ版です。

「ラグジュアリー」と聞くとフランスのコングロマリットなど高級ブランドを作っているところを連想されがちですが、この講座では、従来のハイブランド市場の枠外で生まれている、新たな文化の起爆剤となるビジネスです。社会を変える意味と力を秘めるラグジュアリーを、360度の視点から考えていきます。

今回の講座では、議論とともに、土台を作るヒントが得られるようなワークショップをおこなっていきます。

講座の詳細は https://lfn-2.peatix.com/ にて。ご質問などありましたら、お気軽にSNSメッセージなどでお寄せ下さい。

30年の歴史をもつ「イギリスを知る会」で、ダイアナ妃生誕60周年講演をさせていただきます。

 

★日 時:2021年7月10日(土)  午後2時30分~4時30分
★場 所:連合会館 401会議室
東京都千代田区神田駿河台3-2-11
TEL:03-3253-1771(代)
★定 員: 会場参加 28名
★オンライン参加 30名
★見逃し配信 30名

会場参加申し込みはメールとFAX メール:ssbcjapan.sky@orange.zero.jp FAX:03-3407―8995

濃いイギリスマニアが参加してます。

 

オンライン参加のお申込み、および主催者、内容の詳細はこちらから。

 passmarket.yahoo.co.jp/event/show/det

ニューラグジュアリーのシンクタンク「Letters from Nowhere」による新しいラグジュアリーのための基礎講座が開かれます。

 

このようなことを学びます。

ロゴと背景のデザインは、ミュンヘン在住の前沢知美さんによるもの。

ミラノ、ミュンヘン、京都、名古屋、横浜から、新しいラグジュアリーを知るための最新情報をお届けします。限定10名様募集。

*(すぐに満席になりました)

プリンスホテル東京シティエリア2020ブリティッシュ・フェアのカルチャー部門セミナー、「変わりゆくラグジュアリー」。12月5日(土)16:00 ~17:30、ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町にて、予定通り開催です。

安心・安全のためのプリンスガイドラインにしたがった対策が徹底的におこなわれております。最終的な打ち合わせに行き、プロフェッショナルな配慮の数々に納得してまいりました。どうぞご安心のうえ、道中、お気をつけてお越しください。

刻々と変わりゆくギャラリー最上階からの夜景、料理長自らセミナーのために考案した軽食(分量は軽いものの内容は豪華)、お飲み物、おみやげつきで、激変するラグジュアリーの最前線をご紹介します。

詳細・お申込みは、こちらから。

こちらはホテルのロビー。明日からはクリスマスツリーも入り、ドラマティックが加速します。

前記事でご紹介していたイブニングセミナーの詳細です。

 

こちらからお申込みいただけます。

夜景がひときわ輝く12月の紀尾井町でお待ちしています!