国立競技場でTAE ASHIDA 2023春夏コレクションのショーが開催されました。


贅沢な空間とスポーティーな新作、そして小室哲也の音楽。芸能人ら華やかなゲストも多く、有名人からのたくさんのお花も壮観。随所に立って案内をしてくれる社員の丁寧なおもてなし、コレクションカラーのハンカチーフのギフト、ショー後のシャンパン、すべてのコンテクストを含めたTAE ASHIDA の世界観を楽しませていただきました。競技場でのファッションショーといえば思い出すのが、ワールドカップ決勝前に行われたサンローランの「五大陸から300人のモデル」を集めた伝説のショー。「ボレロ」のフィナーレに合わせてモデルたちが最後に競技場中央でYSLのロゴを作りフィニッシュしました。これだけ壮大な空間があればファッション@競技場でそのくらいの演出は可能かもといろいろ妄想も広がりました。

とにかく大きな刺激を受けました。新しいチャレンジをどんどん続けるデザイナーとチームの姿勢に励まされます。

Yuima Nakazatoの展示会に伺いました。

植物由来のブリュードプロテイン素材がもつ「縮む性質」を利用した服のデザインに感動。もとは長方形の繊維ですが、デジタル技術を使って伸縮させ、身体に沿う立体的な形状にするのです。この新しい衣服の生成技術を、バイオスモッキングと呼んでいるそうです。

このライダースは、針と糸を全く使わず、ビスだけを使って服を作りあげていく、タイプ1 というシステムで作られています。テクノロジーと職人技巧と未来感覚あふれる美意識の融合に、ワクワクさせていただきました。

デザイナーの中里唯馬さん。着物にヒントを得たコート。細部の技巧が実はすばらしいのですが、そんなことを感じさせないサラリとした忍者感がよいですね。ジェンダーフリーで着用できます。アトリエにはほかにも、羽生結弦さんが着用した天女の羽衣などもあり、奥深い中里ワールドをもっと探究したい思いにかられております。

5月に出版された中里さんの本「中里唯馬 創作の舞台裏」。これまでの作品がどのように作られてきたのか、そのからくり?を披露してくれます。写真集として見ても美しい本です。

中里さんのアトリエにいらしたアシスタントの男性のひとりが、なんと「14歳のときに『モードの方程式』をイギリスで読んで感銘を受けた」と話しかけてくれました。彼はその後セントラル・セント・マーチンズでファッションの教育を受けることになります。そしていま中里さんのアトリエで服を創っている。本って出版してもなんだか苦労のわりには報われない感じがすることも多いのですが、こうして時空を超えて人に影響を与えることもあると知ると、不思議な感慨を覚えます。

9月19日の国葬の日にNHKニュースウォッチ9で放送された内容が文字化されました。「イギリス エリザベス女王 ファッションに込めた思いとは」。

時間の都合で番組内で話しきれなかった内容も盛り込まれています。

19日におこなわれたエリザベス女王の国葬に合わせて、NHKのニュースウォッチ9にお招きいただき、ファッション解説をしてきました。

とはいえ生放送の緊迫感並大抵でなく、当初の予定の半分も話せずじまいでした。

NHKが夜のニュースでファッション解説をやる、しかも国葬に合わせてくる、ということが時代の進歩に感じられます。

国葬と台風という話題にはさまれて楽しげにファッションのテーマを話すわけにもいかず、なかなかの試練でした。服装も葬式に出席するわけではないので黒喪服は不要、でも華美はNGで地味めにという制約あり、結果、ダブルのスーツの上を使ってブレザースタイルに。イギリス人もあまり言わないチャールズ新国王のファッションの可能性を話せたことだけはよかったかも?

それにしてもテレビの反響凄くて多くの方から写真やメッセージをお送りいただきました。1-3枚目はその中から使わせていただきました。ありがとうございました。

語り切れなかったネタは、番組のウェブ版で文字化されるときに補足させていただきますね。

ご一緒させていただいた税所さんにスタジオで撮っていただきました。

金沢、ひがし茶屋街あたり。

街並みは情緒があり、写真映え最高です。

映画のセットかと見まごうような…。

照明も考え抜かれています。高い美意識を感じます。

川縁はフィレンツェかという趣きです。

このあたりは本格的な料亭街。へたすると看板も出ていない。

ちょっとなにか食べたり飲んだりしようとすると、痛い目に遭います。歩く分には美しいですが、一見さんが「中に入る」には非常にキビシイ町でございました…。

備後木綿の着物と帯状ベルトは、大阪の音遊。
バッグは京都のカドゥ・ド・ラ・パート・ド・京都。

着付けができなくでもベルトで簡単に着られるように作られてます。そういうカジュアルきものなので、きものポリスさんのチェックはナシでお願いしますね。

15日付読売新聞夕刊、モード欄にて、女王の装いについてインタビューを受けた記事が掲載されました。

 

年を重ねれば重ねるほどチャーミングになり、ますます敬愛されるようになっていくという女王のあり方はまさにお手本ですね。「老害」にならない年の重ね方は、女王に学びたい。女王スタイルは、生涯かけて作られたもの。そこには当然、受け取る側の人生に届くメッセージがあります。

日本経済新聞「モードは語る」。先週、有松に取材したことのなかから書きました。。900字くらいではなかなかすべてを書ききれないのがもどかしいところではありますが。電子版でもお読みいただけます。

「モナコ旅 in Tokyo」、リッツカールトン東京にて。

モナコの次期全権委任特命大使のご挨拶、最新情報のプレゼン、あまり知られていないモナコの歴史のストーリーなど、盛り沢山な「モナコ旅」でした。ホテルやレストラン情報も満載でした。泊ってみたいホテルはここ! オテル・ド・パリ・モンテカルロ。いつか行けるかな~。

左からモナコの歴史の解説をしてくださったフローラン・ダバディさん、モナコ政府観光会議局日本事務所ディレクターとしてご尽力されているキャンドルウィックのシルベスタ典子さん、次期モナコ公国特命全権大使ディディエ・ガメルタンジェ閣下、モナコ最新情報をプレゼンしたキャンドルウィックのスタッフ、そしてモンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ド・メールの伊藤さん。

 

トップ写真で持っているバックは、安本秀子さんの制作によるもので、シャネルスーツに使われるルサージュのツイードで、一点一点、丁寧に手作業で作られています。意外と容量があり、あれこれたっぷり入ります。

ドレス生地は浅井広海さんが日本のシルクを使ってデザインした薔薇柄、ドレスとマスク制作は廣川輝雄さんです(すでに何度も着て、ご紹介していますね(笑) これからも何度も着ます)。

作る人の顔が見えるメイドインジャパンで揃え、作り手の方々をあらためて称えてみました。時計までグランドセイコーです。薔薇柄は「薔薇の舞踏会」へのリスペクト。

サディ・フロスト監督のドキュメンタリー英語「マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説」パンフレットに寄稿しました。

イギリス文化、60年代、ファッション、ヘアメイク、社会改革、アパレル産業、スタートアップ、夫婦で起業、アートスクール、といったキーワードにピンとくる方々は必見の、中身の濃いドキュメンタリーです。

11月26日、bunkamura ル・シネマでロードショー。

 

「ココ・シャネルは私を嫌った。理由もよくわかる」、とマリーは言います。シャネルは膝は醜いもの、と考えて決して膝を出すようなデザインはしませんでしたからね。そうした思い込みに反旗を翻したのがマリーでした。

suzusan 有松店にてsuzusan秋冬展示会。

ショップでは代表の村瀬さんのお姉さまである瀬霜千佳さんが歓迎してくださいました。その後、訪れる工場では、お父さまや弟さんにもお目にかかることになります。ファミリービジネスなのですね。

村瀬さん自身が描いたデザイン画。次のシーズンのテーマは「サークル」だそうです。抽象度の高いこのデザイン画から商品を作っていくスタッフ、すごいな……。

「もう廃れてなくなる」と言われていた有松絞の技術を世界で認めさせ、ラグジュアリーマーケットに食い込んでいく勢いのsuzusan。お宝を見つけるには、足元を深く掘れ。の好例でもありますね。ハウツーをガン無視して自らのキャラクターで淡々と前例なきビジネスを進めていく村瀬さんの「あり方」が一番のカギだとは思います。